バルセロニスタの一筆

アクセスカウンタ

"El Ensayo del BARCELONISTA (バルセロニスタの一筆) " is presented by EnriqueMG. 
Recommended Web Browser: Mozilla Firefox ver.10(or Later), Internet Explorer ver.8. 
◆Pickup◆
【初めての方に】スペイン語のサッカー用語解説 →こちら
【2010FIFAワールドカップ】関連記事のまとめページ →こちら
【バルサ会長選挙2010】マーク・イングラ氏応援の軌跡 →#1, #2, #3, #4, #5
【旅行記】2009年春スペイン周遊旅行記更新中! →目次へ

zoom RSS 【2010FIFAワールドカップ】Report:決勝・スペインvsオランダ!イニエスタ降臨!

<<   作成日時 : 2010/07/14 17:40   >>

ナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 1 / コメント 6

2010FIFAワールドカップ・南アフリカ大会。全64試合の熱戦が全て終了しました。その決勝戦。延長にもつれ込んだ死闘は、ラ・ロハことスペイン代表が勝利しました! 決勝点を決めたのは……我らがバルサの誇る超絶クラック・イニエスタ!!もう言葉がありません……(涙)

(ワールドカップが終わって抜け殻状態になっていたため、レポートが遅れました…^^;)


 ※【2010FIFAワールドカップ】関連記事のまとめページはこちら→


2010 FIFAワールドカップ Final
オランダ
0 - 1
スペイン
[2010/07/11(SUN)] サッカーシティ・スタジアム
画像

攻めるスペイン、潰すオランダ


プレビューの記事(リンク)で私が予想した通りのスタメンと、ロースコアな試合展開となりましたが、その試合内容は想像を遥かに超えていました

始めの15分くらいはまだ良かったんです。

スペインはドイツ戦での好パフォーマンスによってスムーズなパスワークが復活。オランダにほぼボールを渡さないで主導権を握り、ビジャやセルヒオ・ラモスなどがゴールを脅かすシュートを放ってオレンジ軍団を自陣に押し込みますこのまま行けば早いうちに点が取れるかも……なんて考えが生まれたりもしてました。

しかし、これでオランダは「このままでは勝ち目はない」と思ったのか、中盤でのプレスを激化させてきたのです。

球際に激しい、なんてもんじゃありません。
身体を当て、足を引っ掛け、タックルをかます……
チャンピオンズリーグのインテル戦がおこなったような鉄壁の守備ブロックを作ることができないオランダは、「ラフプレー」そのものの行為を繰り広げてスペインを食い止めることを選んだのです。

デ・ヨングによるシャビ・アロンソへの跳び蹴りは間違いなく一発ロハになりえるファール。それにファン・ボメルも早い時間帯にアマリージャを受けていたにも関わらず、ファールを繰り返す。オランダの安定感に欠けたディフェンサ・セントラルをカバーする二人のボランチを筆頭に、オランダはとにかく荒いプレーで削ってきました。


そんなプレーに対して主審のハワード・ウェブは必死に試合を落ち着かせようとします。
ワールドカップの決勝戦で退場者を出して試合をつまらないものにしてはならない。アマリージャは連発したものの、それ以上には踏み込まない、ぎりぎりの判断を下していました。


しかし、彼のそんな願いは裏切られます。
というより、彼がそう思っているのをいいことに、オランダのラフプレーは続く。


スペインの中核を司るシャビ、イニエスタは特に激しい当たりにさらされました。
今のスペインと真っ向勝負しては勝ち目がないと自覚した上で採用した苦肉の策は、確かにラ・ロハの動きを寸断させることに成功。試合は硬直したものになっていきました。


オランダを応援していた人たちの中には「スペインはシミュレーションが酷かった」「実際に体が当たったり蹴られたりした回数は少ない。大げさ」という見解をしている人もいるみたいです。

でも、フィジカルコンタクトで潰す気満々な選手のところに何も考えず飛び込んでいく選手がいるはずがありません。スペイン選手は敵がそうなのが当然わかっていますから、怪我をしないように自分を守りながらも、勇敢に攻め込んでいったのです。結果、オランダは抜かれそうになるとやっぱりファールで止めてきますから、無理はせずに倒れて(受身を取って)怪我を未然に防ぐ。だからこそ、スペインの選手たちはあれだけファールを受けても大きな怪我なく延長戦まで戦い抜けたんです。

とはいっても、全てのファールを避けれるはずはありません。

スペイン代表が母国へ帰っている飛行機の中の映像にある、イニエスタの脚。見ましたか?
それを見たらシミュレーションとか当たってないなんて絶対に言えないですよ。

※1:07くらいにイニエスタの脚が見れます。



非常に不愉快。その一言に尽きました。


オランダがかつて見られたような攻撃サッカーを披露しなくなり、現実的な戦い(この決勝については現実どころか現実離れでしたが)をするようになったことについては違和感がありましたが、それをどうのこうの言うつもりはありません。勝利を求めることは当たり前。それはスペインも一緒。スペインは自分らに最も合う戦い方、最も優勝の確率が高くなる戦い方として選んだのが、このパスサッカーだったのです。

そしてこのスタイルの方が私は好き。だからといってそれを「正義」と言うつもりなんて毛頭ありません。これまでもこのブログで「正義」だなんて言ったことはありません。

だから優勝のために敢えて従来のスタイルに目を瞑ったオランダの覚悟は相当なものだと思って、リスペクトもしていたのです。



……だけどこの試合のオランダはいかんせん酷すぎました。
試合を壊さないようにしようとした審判の心理を逆手に取った、潰しの戦術。。。
試合は結局壊されてしまいました。


悪いのは現代サッカーの商業主義とか、それによって結果を追い求める指示を出したファン・マルバイク監督とかなんでしょうけど、今回の戦術を具現化したファン・ボメルに対してもいい気はしませんでした。かつてバルサにいた選手だけど、これは受け入れられないですね。


日本の新聞やテレビのメディアでは、「カードが双方で10枚以上も乱れ飛ぶ荒れた試合」などと報道されています。まるでスペインも悪いかのように。これには心が痛みました。のっけからオランダのペースに巻き込まれたことをきちんと書いてもらわないと。

しかも何を勘違いしたのか、オランダの選手たちが審判のジャッジを批判しているって……もう意味がわかりません
審判は良くやっていましたよ?
むしろオランダの選手をもっと退場させても良かったくらい。
試合を見返しなさい!!


イニエスタの報復行為?
そんなことあるはずないじゃないですか!



デル・ボスケ、勝利への采配


「壊れた試合」にもつれ込んでいった決勝戦。

スペインはボールを支配するも決定機を生み出せない状況になっていました。

選手が中央へ寄ってしまい、スペースのない場所でオランダのハードプレスに引っかかるシーンが目についてきたのです。

そんな状況を打開しようと老将がついに動きました。
ペドロに代わってヘスス・ナバスの投入。
 ※ペドロは結局この大会でゴールならず。残念…

最初は「え?」と思いました。
スイス戦で見せた、右サイドを縦のドリブルで駆け上がりひたすらクロス!というのが良い印象ではなかったからです。単調な攻撃では得点できない……

しかしナバスはきちんとそこら辺を修正したのか、スタッフや監督から徹底的に意識付けられたのか、サイド突破から時にはクロス、時にはカットインと柔軟なプレーを見せてオランダディフェンサを混乱させました。オレンジ軍団は疲労も相まってプレスは弱まり、シャビとイニエスタは次第に活性化していったのです。

それを確認し、ついにアロンソを下げてセスク投入!
デ・ヨングの蹴りも受けていたし、疲れも見えてきたアロンソ。ここでの交代はいいタイミングでした。

彼の加入でメディオのパスワークはさらに一段レベルアップし、オランダを防戦一方に追い込んだのです。


それでもゴールは生まれないスペイン。

逆にカウンターからロッベンに決定的なチャンスを作られましたが、元チームメイトの攻撃は守護神「聖イケル」カシージャスがパラドン!
流石は私が認める「唯一のギャラクティコ」なだけあります!(^^)


延長戦に突入しても流れは変わりませんが、ゴールは遠い。

デル・ボスケが切った最後のカードは、なんとなんとトーレス君
しかもビジャとの交代!?
スポーツバーの観客も騒然。悲鳴もちらほら(苦笑)
みんなが「なぜ?」と言っていました(^^;

監督は「トーレスの持つ、ゴールを呼び込む力に期待した」と言っていました。なんともまあ、「仏」ですね。
PK戦になったらビジャは優秀なキッカー(最近外してますけど)だから、彼を切ってでもトーレス君を信じたのでしょう。勝負師……なのかな?


ところがトーレス君は延長後半のたった15分間で何と脚を怪我してろくに走れなくなってしまうんですからびっくり!
最終的に勝利できたから良いものの、この交代だけはちょっと失敗しましたね。もし負けてたら猛烈な批判は免れなかったでしょう。


劇的決勝弾といえば…… ドン・イニエスタ!


オランダの激しいプレーにも負けず戦い抜いてきたスペイン。

準決勝から中三日。オランダより1日休息が短かく、しかも舞台は1,500m超の高地ヨハネスブルク。選手たちの疲労はピークに達していたことでしょう。

それでも、彼らは延長に入ってからも攻撃をやめることはありませんでした。むしろその流動性は増していたのです。


欧州王者としてのプライド。
勝利への飽くなき執念。



スペインは明らかにオランダを圧倒していました。


時間は116分残り4分でPK戦!というところでついに試合が動きます。

この時間帯になっても豊富な運動量で数々の決定機を生み出してきたイニエスタシャビとのコンビネーションもいまだ健在。最後までゴールを諦めることはありません。

数分前にはついにディフェンサのハイティンガがドブレ・アマリージャで退場し、オランダの守備陣にはスペースが多く生まれてきていました。


トーレス君がフィードされたボールを受け、スルーパスを送るもこれは弾き返され、セスクが回収。

前方には左サイドから右サイドにポジションチェンジしていたイニエスタ。

バルサカンテララインでの絶妙なスルーパスがドン・アンドレスへ通り……

前方へ軽く落とすトラップから、ファーサイドを抜く強烈なシュート!

スペイン、ついに先制点!!



うおおおおおっしゃあああああ、
イニエスタ〜〜!!



スポーツバーも凄まじい盛り上がり!


08-09シーズンのチェルシー戦に続いて、試合終了間際で決めたイニエスタ。


すごいすごいすごい、すごすぎる!!
一生応援していきます、ありがとうイニエスタ!!


画像
ゴール後にユニフォームを脱ぎ、昨年に急逝した親友のダニ・ジャルケ(ハルケ)の名が書かれたシャツを見せるイニエスタ。
アマリージャ覚悟でこのゴールを亡き友に捧げました。
きっと本人も喜んでるよ!!


試合はこの後しっかりとスペインが守り切り……



スペイン

初の世界制覇!!

欧州王者から……

世界王者へ!!





欧州以外で開催された大会でも…

王者の出たことのないグループHでも…

初戦で敗北した王者はいなくても…

EURO制覇後にW杯を制した例が2回しかなくても…




スペインが全部打ち破ってくれました!!



おめでとうスペイン!

あなたたちこそ王者に相応しい!!


画像
スペイン優勝!

画像
ありがとうイニエスタ!

¡VIIIIIVA!
¡ESPAAAAAÑA!


¡VISCAAAAA!
¡ESPAAAAAÑA!


¡GRACIAS!
¡ESPAÑA!


画像







トップページへ戻る

テーマ

関連テーマ 一覧

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ リーガ・エスパニョーラへ

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 22
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
イニ坊のおけつからまた屁が出たZE!
さるおです。 &quot;Dani Jarque siempre con nosotros&quot; ダニ・ハルケ、いつだって一緒だ。 やたっ!やたっ!また出たよ! イニ坊の最後っ屁。最高。わたくしは全部吸い込みたい。 心ゆくまでさるお、もんち! ...続きを見る
さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー
2010/11/06 16:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ワールドカップをみて、イニエスタ君に惚れこみ、ここにたどり着きました。
イエニスタ君のブログが日本語になっててすごくうれしかったです。イエニスタ病にかかって、家族に迷惑をかけています。イエニスタ君のことを知るほど、重症になります。
スペインに行きたいです。
てるぼん
2010/07/15 15:25
>てるぼんさん
イニエスタ病ですか!
おそらく自分もそうですよ〜(^^)
良すぎますよね、イニエスタ!

ぜひスペイン行きましょう!
彼の故郷はフエンテアルビージャという小さな村で、おそらく英語なんて通じないでしょうけど、それでも天才が生まれ育った場所を拝みたいです。
自分はそのためにANAカードでマイルを貯めていて、2往復できるくらいまでになってます(^^)
後は休みが取れれば……って感じですね。

今はイニエスタのブログがワールドカップ仕様になってしまっていますが、元に戻ったらまた紹介していく予定ですので、よろしくお願いします〜!
エンリケMG(管理人)
2010/07/15 23:58
エンリケMGさん、ありがとうございます。
重病患者てるぼんです。
マイルでスペイン。いいなあ。
ちょっと、目標にしてみよう。
ところで、イニエスタの自伝を読みたいのですが
(もちろんスペイン語はできませんが)
入手方法知っていたら教えていただけないでしょうか?
スペイン語辞典(?あるのかな)片手にしてでも
読みたい。かなり無謀かな?
てるぼん
2010/07/16 11:11
>てるぼんさん
マイルを貯めて、ぜひ行ってください。
スペイン旅行楽しいですよ(^^)

で、イニエスタの自伝ですが、
http://www.azulloco.com/index.php?main_page=product_info&products_id=1050
になりますかね?

通販で買えるみたいですけど、何とカタルーニャ語だったりします…(苦笑)
エンリケMG(管理人)
2010/07/16 12:33
とてもよく書けてるブログですね。楽しめました。
私はバルサの大ファン、特にイニエスタが好きです。バルサとイニエスタのホームページは、毎日見ています。

この間の決勝戦、同感です。オランダ選手が審判を批判していたので、録画したものを再度見ましたが、審判はよくやったと思いました。

昨年のチャンピオンズリーグ準決勝2ndレグ、チェルシー戦を思い出させるような今回の劇的なゴール、感激でしたね。
今回、かなりあたられていて、かなり嫌な思いをしていたでしょう。ケガをしないか心配しちゃうほどあたられていましたからね。でも、あのゴールで報われた気がします。
今回のチャンピオンズリーグは、守備を固めたインテルに敗退しました。バルサスタイルだけでは勝てないのか?みたいな雰囲気でした。
しかし、今回はスペインスタイル、というかバルサスタイルを貫き通し、優勝という結果を残せて本当によかったです。

★バルサ★
2010/07/19 22:40
>★バルサ★さん
お褒めいただき、ありがとうございます。
自分もルイス・エンリケのいなくなったバルサを明るく照らし出してくれたイニエスタの大ファンです(^^)

そう、まさにチェルシー戦での劇的ゴールでしたよね!どれだけチャージで潰されても、最後の最後で決められるイニエスタ。やっぱり持ってるな〜(^^)

代表チームで練習時間も限られているオランダが、インテルのような確固とした破綻のない守備戦術をスペイン相手に90分間遂行するのは難しかったんでしょう。だから激し戦いを選択せざるを得なかった。そう思います。

バルサがインテルの守備網をついに崩せなかったというのは、自分にとって結構なトラウマです(苦笑)今回のスペイン優勝で勢いを付けて、来季に再び堅守速攻を破ってくれることを願っています!

コメントありがとうございました。
またよろしくお願いします!
エンリケMG(管理人)
2010/07/20 21:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
コメントお待ちしています。なるべく早く返信します。
(広告やスパムコメントは削除させていただきます)

ブログ全体アクセス数


My E-mail Address

enrique.mg.21@gmail.com

World Clock (10 Cities)

FX初心者の入門講座

UEFA Champions League



  • 11-12 Group Stage
Group H (2011/12/07)
No Equipos Pt.
1 FC Barcelona 16
2  AC Milan 9
3  FC Viktoria Plzeň 5
4 FC BATE Barysaw 2
    >>All Groups Info...

  • 11-12 Knockout Round
     1/2 Final...

Liga Española -La Liga-

  • 14-15 Clasificasión
    ¡Campeón!
     
  • 11-12 Clasificasión
Jornada 37 (2012/05/06)
No Equipos Pt.
1 Real Madrid 97
2 FC Barcelona 90
3 Valencia CF 61
4 Málaga CF 55
5 Atlético de Madrid 53
6 Levante UD 52
7 RCD Mallorca 52
8 CA Osasuna 51
9 Sevilla FC 49
10 Athletic Club Bilbao 49
11 Getafe CF 47
12 Real Betis Balompié 46
13 RCD Espanyol 45
14 La Real * 44
15 Granada CF 42
16 Villarreal CF 41
17 Rayo Vallecano 40
18 Real Zaragoza 40
19 Sporting de Gijón 37
20 Real Racing 27
   
   : Champions League
   : Europa League
   : Segunda(降格)
* La Real = "Real Sociedad"
      >>More Info...

  • 10-11 Clasificasión
    ¡Campeón!
      >>More Info...
  • 09-10 Clasificasión
    ¡Campeón!
      >>More Info...
  • 08-09 Clasificasión
    ¡Campeón!
      >>More Info...

Copa del Ray

  • 14-15 Tournament
    ¡Campeón!
  • 11-12 Tournament
    ¡Campeón!
  • 10-11 Tournament
     Final...
  • 09-10 Tournament
     1/8 Final...
  • 08-09 Tournament
    ¡Campeón!

Himne del FC Barcelona
Tot el camp és un clam sóm la gent blaugrana. Tant se val d'on venim si del sud o del nord
ara estem d'acord, ara estem d'acord, una bandera ens agermana.
Blaugrana al vent un crit valent tenim un nom el sap tothom: BARÇA, BARÇA, BAAARÇA!
Jugadors, seguidors, tots units fem força. Són molt anys plens d'afanys, són molts gols que hem cridat ,
i s'ha demostrat, i s'ha demostrat, que mai ningú no ens podrá tórcer.
Blaugrana al vent un crit valent tenim un nom el sap tothom: BARÇA, BARÇA, BAAARÇA!

【2010FIFAワールドカップ】Report:決勝・スペインvsオランダ!イニエスタ降臨! バルセロニスタの一筆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる