バルセロニスタの一筆

アクセスカウンタ

"El Ensayo del BARCELONISTA (バルセロニスタの一筆) " is presented by EnriqueMG. 
Recommended Web Browser: Mozilla Firefox ver.10(or Later), Internet Explorer ver.8. 
◆Pickup◆
【初めての方に】スペイン語のサッカー用語解説 →こちら
【2010FIFAワールドカップ】関連記事のまとめページ →こちら
【バルサ会長選挙2010】マーク・イングラ氏応援の軌跡 →#1, #2, #3, #4, #5
【旅行記】2009年春スペイン周遊旅行記更新中! →目次へ

zoom RSS 【バルサ会長選挙2010】記事訂正:グアルディオラ就任の真実

<<   作成日時 : 2010/06/07 23:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 6

前の祝勝会の記事で少し触れていました、グアルディオラの監督就任に至るまでの動きを紹介します。ソシオ親善大使殿より得た情報を元に、背景を組み込んでちょっとしたドキュメント仕立てにしました。良ければご一読ください(^^)

<参照リンク>
■マーク・イングラ応援ブログ(日本語)
■ソシオ親善大使(イングラ氏応援団長)のブログ(日本語)
■マーク・イングラ公式サイト(カタルーニャ語/スペイン語)
■バルサ応援サイト「BlauGrana」内の選挙特集

※前回記事はこちら→


グアルディオラ就任の真実


2008年5月、フランク・ライカールト監督率いるバルサは一つのサイクルを終えようとしていました。05-06シーズンに歴史的な二冠(リーガ&チャンピオンズリーグ)を達成したチームは、選手の自主性を尊重するというスタッフの方針が裏目に出始め、闘争心を徐々に失っていきました。このシーズンは終始低調なパフォーマンス。ベルナベウ・クラシコ前にマドリに優勝を決められ、試合前には屈辱の花道を作ることとなり、試合でも完敗。シーズン完了をもってのライカールトの解任となったのです。


次なる監督は誰にすべきか。
闘争心を失ったチームに喝を入れる「鬼軍曹」系の監督を招聘すべきか?
選手の自主性を信じて奮起を促す「仏」系の監督を就任させるべきか?

カタルーニャの新聞、雑誌、ラジオやTVなどのメディアはこぞって公認候補を挙げていました。基本的に「仏」のライカールト体制が行き詰まっている印象だったため「鬼軍曹」タイプが多かったようですが、思い思いの考えが乱れ飛び、チーム同様メディアも混沌とする状況だったのです。


そんな中で、まことしやかに囁かれたひとつの噂。
それが「ジョゼ・モウリーニョ就任説」です。


当時の彼は確かにチェルシーの監督を辞し、フリーランスの状態。
かつてはロブソンとファン・ハールの元で通訳とアシスタントコーチを務め、バルサとは遠からぬ縁にある人でした。

しかしながらバルサは、このポルトガル人監督が率いるチーム(=チェルシー)とは数々の激闘を繰り広げてきていました。煮え湯を飲まされたような思いをしたこともあります。その雪辱を晴らしたこともあります。よって、多くのバルセロニスタは彼に対して複雑な思いがあると同時に、その手腕も認めていたのです。私もその一人でした。

チームの選手入れ替えや戦術の改革を断行し、短期間でリーガとチャンピオンズを制する力(タイトルを取る力)を持つチームに生まれ変わらせる。この困難なプロジェクトを遂行できる人物は彼しかいない。過去の因縁は水に流し、招聘すべき。クレの間では次第にそんな風潮になっていたように思えます。


モウリーニョをバルサの監督に―――


世論が高まりを見せていく中、バルサの役員会で遂に獲得オペレーションが始まりました。
この交渉を担当したのが、ご存知マーク・イングラ氏だったのです。


モウリーニョとの交渉の中で、イングラ氏は彼からDVDを受け取りました。
そこには「自分が監督となったら、バルサをこのように変えていく」というコンセプト映像が納められていたとのこと。イングラ氏がそれを見てどのように思ったのかは残念ながらわかりません。


ただ、イングラ氏は世論の流れに身を委ねるだけですぐに彼の就任を決断するということはしませんでした。


モウリーニョで本当に良いのか?
より優れた適任者はいないのか?
バルサの哲学を重視しチームを復活させる手腕を持つ監督は…?



ということに考えが及んだのでしょう。


モウリーニョがバルサ哲学を壊してでも勝利を求めるような方向に持っていくという可能性はまず無いと思われましたが、それでも絶対に無いとは言い切れないのがジョゼという人物。相応の危険性はありました。彼は「合理的に効率良く勝利をつかむ」という点でずば抜けた戦術家だったからです。


そこでイングラ氏は「別の可能性」を探るべく、当時バルサBを率いていたグアルディオラにも接触し、彼のビジョンやコンセプトも聞いていたのです。


モウリーニョに比べれば監督としてのキャリアは無いに等しい新米監督のペップ。しかしながら彼はバルサカンテラ出身のスターにして伝説の選手。絶大なカリスマがあります。バルサの哲学を知り尽くし、ピッチ上の監督としてメディオの底から卓越した戦術眼で試合をコントロール、カピタンとしてもチームをまとめていました。これは紛れも無く監督として非常に重要な資質でした。

4部リーグに落ちていたバルサBを内容を伴った勝利を積み重ねるチームへと変え、1年で3部に復帰させた功績は、この資質があることをを証明したともいえるでしょう。


二人の監督候補。
イングラ氏がそれぞれの意見を天秤に掛け、熟考を繰り返した結果に下した決断が、「グアルディオラ監督招聘」でした。監督としての経験は浅くとも、グアルディオラには監督としての尋常ならざる適正がある、と信じてラポルタ会長に進言、大どんでん返しでペップの監督就任となりました。

この後、ラポルタはソシオによる不信任決議を受けるものの、辛うじて会長職に留まり、イングラ氏は副会長を辞職。イングラ氏にとって副会長時代の最後の大仕事となったのです。


以降は皆さんの知るとおり、グアルディオラによってバルサは生まれ変わり、わずか1年で前人未到の六冠を成し遂げた伝説のチームとなったのです。





以上のことから、グアルディオラの招聘はラポルタの賭けではなく、イングラ氏による情報分析と熟考の結果であることがわかりました。

今回の会長選挙で、ラポルタ会長陣営は「イングラはモウリーニョを招聘するために実際に会っていた」とのコメントを発して攻撃しています。が、彼らはその後に付けるべき言葉「グアルディオラとの交渉をまとめたのはイングラ」を話していません。ペップを監督にした手柄を自分たちが得るためなんでしょう。

このあたりを演説や討論で示して行けば、フェレールに負けることは無いように思えますし、ルセーに対してもいい牽制になりそうです。


現段階でこの話が前面に出ていないのは、やはりルセーの票を切り崩す方が優先事項だからだと思われます。それに上手く主張しないと水掛け論になる恐れもありますから(俺が交渉したんだ、決断したのは俺だ、みたいな)、慎重になってるのかもしれません。

何はともあれ、まずは接戦に持ち込んでイングラ氏の流れを作っていってもらいたいところですね。


情報を提供してくださった親善大使の川村さん、ありがとうございまいた!

¡VAMOS! ¡INGLA!
トップページへ戻る

テーマ

関連テーマ 一覧

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ リーガ・エスパニョーラへ

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
完璧です!!。早速の修正ありがとうございます。元副会長(名前忘れました)も証言していますので、間違いないかと。
ラポルタさん陣営は、嘘はついていません が、真実は話していません。
まあ 大人のやり方ですね。笑

ついでにボクも一筆! パクリました。笑

ナイキとの大型契約更新、unicefとの契約締結、ピケの奪還など、全てイングラさん ソリアーノさんの功績です。

またソシオ入会受付が日本語でできるようになったのも、オフィシャルHPが日本語対応になったのも、OABが日本語対応してくれるのも、楽天バルサカードがあるのも、バルサTVがJスポで見られるのも、全部イングラさん ソリアーノさん ゴダールさんのおかげなんです。

そんな感じです。

ではでは また〜。
素敵な彼女に よろしくね〜!!
バルサバカ大使
2010/06/08 08:57
>バルサ○○大使さん
お褒めの言葉をいただきありがとうございます!
深夜に書いた文章なので少々怪しいかと思ったのですが、合格点をもらえたようでほっとしております(^^)

そして、一筆! いいですね〜〜
こうして見ると、ラポルタ委員会のおこなったことほぼ全てにおいてイングラ氏がその手腕を振るっていたことが良くわかります。楽天バルサカードもイングラ氏とは夢にも思っていませんでしたw(自分もこのカードを持ってますが、契約終了とかで無くなっちゃうんですよね…)

彼女にもよろしく伝えておきました。
とっても喜んでいました!改めて御礼申し上げます(^^)
エンリケMG(管理人)
2010/06/09 01:43
正確に言うと、楽天バルサカードは、財務担当のソリアーノさんのお陰です。

ソリアーノさんの書かれた本「ゴールは偶然の産物ではない」って読みましたか??
その本の帯の推薦人は 誰でしょう??笑

楽天バルサカード・・・。
マークさんが会長になれば、もちろん契約延長でしょう!!!笑

彼女の件。
ボクはバルセロニスタの女性を超大事にします。
なぜならバルセロニスタの女性に もし子供を授かった場合、
その子供は まず間違いなくバルセロニスタになりますもん。
母親の影響は大きいですからね。

なのでバルサのこれから100年先を考えるにあたり、
(ボクごときが考えなくてもいいという説もありますが。笑)
大切にすべきはバルセロニスタの女性なんです。

といった訳で、今日も同じ締めで。。。笑
素敵な彼女によろしくね〜!!
バルサ●●バカ大使
2010/06/10 09:26
>バルサ●●○○大使さん (伏字が増えてきた…w)
ソリアーノさんの書いた本知ってます!
帯の推薦人は、楽天の三木谷社長ですよね?
それなのにバルサカード無くなってしまうとは……

この本、まだ読んでないので今度読んでみます(^^)
ご紹介ありがとうございます!

んで、彼女の件。(パクリました)
なるほど〜〜〜って思いました。
バルセロニスタ版「光源氏計画」ですね?
確かに大切にしないといけませんね。
大使さんのブログでもキュートな女性が沢山いたのはそういうことでしたか…(笑)

コメントの言葉、しっかりと心に刻んでおきます。。
彼女にも伝えておきます!(^^)
エンリケMG(管理人)
2010/06/11 13:04
>ソリアーノさんの書いた本の推薦人。正解です。
 現政権からソリアーノさんがいなくなってしまったので、(まあいろいろあったのでしょう)バルサカード無くなってしうんです。
マークが会長になったら復活しますよ。たぶん。

この本おもしろいですよ。バルサの経済面をどうやって立て直したのか?その裏側が書かれています。

んで 彼女の件。
>ボクのブログにキュートな女性が沢山登場するのは、そういうことです。リアルに。。。
ではでは。。。
バルサ●●○○大使
2010/06/11 23:32
>バルサ●●○○大使さん
選挙、いよいよ迫ってきましたね!
マークの当選によっていろいろ変わることに期待してます(^^)

ソリアーノさんの本、これから探してきます。さっそく読みたくなりました!

PRS58、気になるキーワードです。。
PRS=プリンセス?
58=会社の番地? じゃないですよね?(笑)
モチーフは某秋葉原の有名アイドルな気がしますが(^^;
続報楽しみにしてます〜
エンリケMG(管理人)
2010/06/12 16:09

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
コメントお待ちしています。なるべく早く返信します。
(広告やスパムコメントは削除させていただきます)

ブログ全体アクセス数


My E-mail Address

enrique.mg.21@gmail.com

World Clock (10 Cities)

FX初心者の入門講座

UEFA Champions League



  • 11-12 Group Stage
Group H (2011/12/07)
No Equipos Pt.
1 FC Barcelona 16
2  AC Milan 9
3  FC Viktoria Plzeň 5
4 FC BATE Barysaw 2
    >>All Groups Info...

  • 11-12 Knockout Round
     1/2 Final...

Liga Española -La Liga-

  • 14-15 Clasificasión
    ¡Campeón!
     
  • 11-12 Clasificasión
Jornada 37 (2012/05/06)
No Equipos Pt.
1 Real Madrid 97
2 FC Barcelona 90
3 Valencia CF 61
4 Málaga CF 55
5 Atlético de Madrid 53
6 Levante UD 52
7 RCD Mallorca 52
8 CA Osasuna 51
9 Sevilla FC 49
10 Athletic Club Bilbao 49
11 Getafe CF 47
12 Real Betis Balompié 46
13 RCD Espanyol 45
14 La Real * 44
15 Granada CF 42
16 Villarreal CF 41
17 Rayo Vallecano 40
18 Real Zaragoza 40
19 Sporting de Gijón 37
20 Real Racing 27
   
   : Champions League
   : Europa League
   : Segunda(降格)
* La Real = "Real Sociedad"
      >>More Info...

  • 10-11 Clasificasión
    ¡Campeón!
      >>More Info...
  • 09-10 Clasificasión
    ¡Campeón!
      >>More Info...
  • 08-09 Clasificasión
    ¡Campeón!
      >>More Info...

Copa del Ray

  • 14-15 Tournament
    ¡Campeón!
  • 11-12 Tournament
    ¡Campeón!
  • 10-11 Tournament
     Final...
  • 09-10 Tournament
     1/8 Final...
  • 08-09 Tournament
    ¡Campeón!

Himne del FC Barcelona
Tot el camp és un clam sóm la gent blaugrana. Tant se val d'on venim si del sud o del nord
ara estem d'acord, ara estem d'acord, una bandera ens agermana.
Blaugrana al vent un crit valent tenim un nom el sap tothom: BARÇA, BARÇA, BAAARÇA!
Jugadors, seguidors, tots units fem força. Són molt anys plens d'afanys, són molts gols que hem cridat ,
i s'ha demostrat, i s'ha demostrat, que mai ningú no ens podrá tórcer.
Blaugrana al vent un crit valent tenim un nom el sap tothom: BARÇA, BARÇA, BAAARÇA!

【バルサ会長選挙2010】記事訂正:グアルディオラ就任の真実 バルセロニスタの一筆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる