バルセロニスタの一筆

アクセスカウンタ

"El Ensayo del BARCELONISTA (バルセロニスタの一筆) " is presented by EnriqueMG. 
Recommended Web Browser: Mozilla Firefox ver.10(or Later), Internet Explorer ver.8. 
◆Pickup◆
【初めての方に】スペイン語のサッカー用語解説 →こちら
【2010FIFAワールドカップ】関連記事のまとめページ →こちら
【バルサ会長選挙2010】マーク・イングラ氏応援の軌跡 →#1, #2, #3, #4, #5
【旅行記】2009年春スペイン周遊旅行記更新中! →目次へ

zoom RSS 【2010FIFAワールドカップ】Report:スペインvsポルトガル - 覚醒の兆し?

<<   作成日時 : 2010/06/30 17:34   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 2

パラグアイvs日本に続いて、スペインvsポルトガルのレポートをお届けします。日本が南米の雄に惜敗してから約90分後、イベリア半島の隣国同士による戦いの火蓋が切って落とされたのです。激闘と呼ぶに相応しかったこの試合、勝利を得たのは……


 ※【2010FIFAワールドカップ】関連記事のまとめページはこちら→


2010 FIFAワールドカップ Round of 16
スペイン
1 - 0
ポルトガル
[2010/06/29(TUE)] ケープタウン・スタジアム
画像

激闘! まさに「イベリア・クラシコ」


試合は両者共に上がりきったテンションの中で始まりました。
グループリーグ最終節で対戦したチリのように、吹き出る炎の如くプレスをかけて圧迫してくるポルトガルがそこにいたのです。

しかし、迎え撃つスペインもこの日は気力が充実していました。
「お前らがそう来るなら受けて立つぜ!」と言わんばかりの迫力で真っ向勝負!

結果、バルサvsマドリのクラシコでおこなわれるようなハイプレスの応酬、球際への強烈なアタック、激しいボディコンタクトが繰り広げられる「カオス」な状況が出来上がりました。


ボールは落ち着かず、選手は削られ、審判は大忙し。


そんな状況でも、スペインは持ち前のパスワークを生かしてポゼッションを握ることに成功。15分くらいの段階で60%を超えていました。


シャビのコンディションも良くなり、気合も入っていた、という見解もあるのでしょうが、私はシャビの位置取りの改善がこの困難な状況下でもボールを支配することができた原因だと思っています。

デル・ボスケは、足の捻挫が懸念されていたシャビ・アロンソをスタメンで出場させ、スペインメディアで議論の的となっているブスケツとの併用を今回もおこなってきました。トーレス君もデランテーロ・セントロで起用。ここら辺、頑固ですね。

そうなるとシャビは彼らより前の位置となって敵のマークが集中してしまい、スイス戦を筆頭としたこれまでの試合と同じ轍を踏んでしまうのでは?と心配になったのですがそれも最初のうちだけ。シャビはそれほど前に出張らず、ブスケツとアロンソで3センターを築くような形でパスの起点となりました。

サイドには、左にビジャ、右にイニエスタ。エストレーモというよりはインテリオール的な位置で、3センターのパス回しに参加することで、守備からビルドアップにかけては4-5-1の布陣を構築していたのです。

チリ戦と比べて遥かにタッチ数が増えたシャビ。カオスの状況でこそ前を向けずに苦労したものの、それが収まってきた前半の中ごろからは徐々にいつものプレーを取り戻していきます。サイドへパスを散らし、それを受けたビジャがカットインで攻めの形を作っていきました。


しかしながら、それによって最前線にいるトーレス君は孤立してしまいました。序盤のカオスな時間帯こそ惜しい枠内シュートを数本放ったものの、時間経過と共に落ち着き、堅固さを増すポルトガルの守備ブロックの前に中盤とのコネクションが失われ、輝きは失われていったのです。


ポルトガルはポゼッションはスペインに譲り、ボール奪取後に繰り出す鋭いカウンターでカシージャスの守るゴールを狙いました。その威力は抜群で、幾度となく決定的なチャンスを与えてしまいます。幸いにもスペインはカシージャスの好手とディフェンサのカバーリングで事無きを得ました。

ロナルドの無回転フリーキックも強烈でした。名手カシージャスがファンブルしてしまうほどのブレ球。ファンブル後にピケが頭でクリアすることでこれも何とか凌げましたが、危なかった。これもジャブラニならではでしょうか?


以上、前半は双方決定機を作り出すも得点には至らず、スコアレスとなりました。


後半:バルサ・コネクションが勝利をもたらす!


後半もしばらくは同じメンバーのまま戦況を見守っていたデル・ボスケ。前線で苦しんでいたトーレス君を見て、ラ・ロハの老将は次なる一手を打ちました。トーレス君の交代です。

トーレス君は背が低いわけではありませんが、突出して高いわけでもありません。空中戦のターゲットとしてはやや適性に欠けていました。動き回ってマークを何とか外してもやっぱりまだ調子が上がってこないようで、ボールが収まらない。かといって位置を下げてしまうと、いざというときに前線にデランテーロがいない事態にもなってしまう。

その打開策として起用されたのがバスクの雄・ビルバオの若きストライカー、フェルナンド・ジョレンテでした。

身長195cmの大型ストライカーは、スペインにとっては異色の存在。しかしその高さは「空中戦」というオプションを与えてくれたのです。


前線中央でどっしりと構えるジョレンテ。それだけでスペインにとっては格好のターゲットとなるため、ポルトガルは彼をケアせざるを得ません。選手を引き付け、ディフェンスラインを下げることでスペースが生まれ、スペインのパスワークは一層の冴えを見せることになりました。久々に「スペインらしいサッカー」を見れるようになってきて嬉しい限り(^^)


そして先制点。


アロンソがバイタルエリアにいるイニエスタへ鋭い縦パスをチャレンジ。これが見事にイニエスタに収まり、ボールキープしながら横に移動、エリア内のシャビにアウトサイドでおしゃれにパス!
シャビは足の裏でそのまま前方にボールを流し、そこに走りこんだのがビジャ!
一度目のシュートはポルテーロに防がれるものの、弾かれたボールを再度蹴りこみ、見事にゴーール!


ビジャ、大会得点王タイとなる4ゴール目!
バルサにビジャが来ても全く問題なく機能することが証明された得点といえます。
カタラン紙の「ムンド・デポルティーボ」では「アスールグラナコネクション」と命名してこのゴールを祝福していましたし(^^)
画像
バルサでの活躍が楽しみです!

これで余裕ができたスペインは、ゴールが必要になり攻勢に出るポルトガルの力も上手く利用して、ボールポゼッションをさらに高めて行きます。

ポルトガルは時折鋭いカウンターからの攻撃を見せるものの、散発的なもので得点するには至りませんでした。ロナルドも、クラシコで無得点に封じ込めたプジョル&ピケに加え、マドリのチームメイトであるセルヒオ・ラモスやシャビ・アロンソがいるのではさすがに得点できず。見せ場は殆どありませんでした。

思うようにプレーできない苛立ちからポルトガルはファールも増え始め、終盤にはリカルド・コスタが一発ロハで退場するなど、万事休す。スペインがこの大一番をものにしました!


いやああ、日本は負けたけど、スペインが勝ってくれたので少しは報われましたね(苦笑)


ついに真のスペインが覚醒…?


決勝トーナメントになって気合が自然と入ったのか、デル・ボスケが心に響くスピーチで選手を鼓舞したのか、単純に疲労から回復しただけなのか。それは分かりません。

この日のスペインは「戦う集団」として高いテンションを保って攻撃し続けました。前半の潰し合いで一歩も引かず、後半は「らしさ」を随所に見せたスペイン。

ポルトガルという強敵との戦いが、これまでどこか緩んでい選手たちの気持ちというネジを締め直してくれたのかもしれませんね。

もちろん、後半に見せたパフォーマンスが最高かと言われれば、「否」です。
フィニッシュ精度は今回もそれほどの向上は見られませんでした。

 シュート:19本
 直接フリーキック:18本
 コーナーキック:6本


にも関わらず、1点止まりなのです。
この辺りは引き続き改善要望と言ったところでしょうか。


・この試合で見せたパスワークと華麗な崩しの熟成。
・トーレス君の復調と決定力の改善。



これらが解決されれば、たとえ相手が最強と呼ばれるブラジルでも優位に立てるでしょう。
解決できない場合(現段階でも)、勝てないとは言いませんが、不利の状況になることは間違いないでしょうね。


ずっと中三日で戦ってきたスペイン代表は、決勝までこのインターバルで戦わなければいけません。疲労からの回復も併せてよろしくお願いします!





次の相手は、日本を下したパラグアイ。
チリに続く南米との決戦シリーズ第二弾、正々堂々勝負!!


¡VIVA! ¡ESPAÑA!
画像




トップページへ戻る

テーマ

関連テーマ 一覧

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ リーガ・エスパニョーラへ

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ワールドカップ 2006
【送料無料】当店人気No.1のベリーミックスチーズタルトを15cmサイズでご用意しました。【ワールドカップ感動をありがとうセール】[黒うこっけい(烏骨鶏)卵&味宝卵使用] CHIZZA&#12316;6種類のベリーミックスチーズケーキ&#12316;15cm【送料無料】商品価格:2,500円レビュー平均:4.18 【2010FIFAワールドカップ】Report:スペインvsポルトガル - 覚醒の ... バルセロニスタの一筆の【2010FIFAワールドカップ】Report:スペインvsポルトガル... ...続きを見る
30秒で読む!話題の芸能ニュース
2010/06/30 17:55

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは!
いつも楽しく見させてもらってます。

スペインやりましたね。
少しずつですが調子を上げていってるのが見て取れます。
個人的にはアロンソのポジショニングと彼に入ったときの回りのサポートが気になりました。チャビ、セルヒオと被ってるときも。
しかしジョレンテは強かったですねー!
大会のシンデレラボーイになれる存在かもしれないと思いました。ペドロになって欲しいですが。。。

でもデルボスケ監督は相変わらず頑固でしたね。
金子さんは何て言うのかなーて思いました。
じんの
2010/06/30 20:42
>じんのさん
コメントありがとうございます(^^)

スペイン、ようやく良くなってきましたね〜
じんのさんの仰るとおり、確かにポジショニングがかぶるときありますよね。パスも出し辛くなるし。ここら辺はまだ意思の疎通が充分でないのかも?

ジョレンテは個人的にとっても注目してる選手です。今回はグイサというジョーカーがいないので、彼にはその役目を期待してます。この試合ではいい働きしましたし、嬉しいです。

ペドロ、初戦と今回で起用されましたけど未だにノーゴール。点とって欲しいです!

金子氏は……まだこれでは及第点も出さないと思います。なんせチリ戦でボロクソもボロクソでしたから…(^^;
エンリケMG(管理人)
2010/06/30 22:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
コメントお待ちしています。なるべく早く返信します。
(広告やスパムコメントは削除させていただきます)

ブログ全体アクセス数


My E-mail Address

enrique.mg.21@gmail.com

World Clock (10 Cities)

FX初心者の入門講座

UEFA Champions League



  • 11-12 Group Stage
Group H (2011/12/07)
No Equipos Pt.
1 FC Barcelona 16
2  AC Milan 9
3  FC Viktoria Plzeň 5
4 FC BATE Barysaw 2
    >>All Groups Info...

  • 11-12 Knockout Round
     1/2 Final...

Liga Española -La Liga-

  • 14-15 Clasificasión
    ¡Campeón!
     
  • 11-12 Clasificasión
Jornada 37 (2012/05/06)
No Equipos Pt.
1 Real Madrid 97
2 FC Barcelona 90
3 Valencia CF 61
4 Málaga CF 55
5 Atlético de Madrid 53
6 Levante UD 52
7 RCD Mallorca 52
8 CA Osasuna 51
9 Sevilla FC 49
10 Athletic Club Bilbao 49
11 Getafe CF 47
12 Real Betis Balompié 46
13 RCD Espanyol 45
14 La Real * 44
15 Granada CF 42
16 Villarreal CF 41
17 Rayo Vallecano 40
18 Real Zaragoza 40
19 Sporting de Gijón 37
20 Real Racing 27
   
   : Champions League
   : Europa League
   : Segunda(降格)
* La Real = "Real Sociedad"
      >>More Info...

  • 10-11 Clasificasión
    ¡Campeón!
      >>More Info...
  • 09-10 Clasificasión
    ¡Campeón!
      >>More Info...
  • 08-09 Clasificasión
    ¡Campeón!
      >>More Info...

Copa del Ray

  • 14-15 Tournament
    ¡Campeón!
  • 11-12 Tournament
    ¡Campeón!
  • 10-11 Tournament
     Final...
  • 09-10 Tournament
     1/8 Final...
  • 08-09 Tournament
    ¡Campeón!

Himne del FC Barcelona
Tot el camp és un clam sóm la gent blaugrana. Tant se val d'on venim si del sud o del nord
ara estem d'acord, ara estem d'acord, una bandera ens agermana.
Blaugrana al vent un crit valent tenim un nom el sap tothom: BARÇA, BARÇA, BAAARÇA!
Jugadors, seguidors, tots units fem força. Són molt anys plens d'afanys, són molts gols que hem cridat ,
i s'ha demostrat, i s'ha demostrat, que mai ningú no ens podrá tórcer.
Blaugrana al vent un crit valent tenim un nom el sap tothom: BARÇA, BARÇA, BAAARÇA!

【2010FIFAワールドカップ】Report:スペインvsポルトガル - 覚醒の兆し? バルセロニスタの一筆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる