バルセロニスタの一筆

アクセスカウンタ

"El Ensayo del BARCELONISTA (バルセロニスタの一筆) " is presented by EnriqueMG. 
Recommended Web Browser: Mozilla Firefox ver.10(or Later), Internet Explorer ver.8. 
◆Pickup◆
【初めての方に】スペイン語のサッカー用語解説 →こちら
【2010FIFAワールドカップ】関連記事のまとめページ →こちら
【バルサ会長選挙2010】マーク・イングラ氏応援の軌跡 →#1, #2, #3, #4, #5
【旅行記】2009年春スペイン周遊旅行記更新中! →目次へ

zoom RSS 【一筆】2009年夏・移籍市場考察 最終回

<<   作成日時 : 2009/09/02 23:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2009年夏の熱い移籍市場も8月31日をもって閉じられることになりました。移籍市場についていろいろ考えてきたこのシリーズも、この回で総まとめをして終了としたいと思います。


意外と静かだった移籍最終日(8/31)


例年、難航していたり水面下で進められていた交渉が移籍最終日に劇的な幕切れを起こす、「駆け込み成約」があまり起こりませんでした。

バルサは念願のチグリンスキーとの契約にこぎつけましたが、これも数日前からメディアで既定路線として紹介されていたので劇的とはいえません。

移籍市場がオープンした6月の始めに、マドリがいきなりカカとロナルドを獲得した衝撃を上回ることはやっぱりできませんでしたね(苦笑)

もっとも、来年がワールドカップの開催年であることも原因といえるでしょう。
世界最大のイベントを前にあえて冒険をして移籍に踏み切れるのは、余程のクラックか、余程環境を変えたく思っている選手くらいのものです。あとはワールドカップに出場できない国の選手とか。

少しぐらいの不満ならば、慣れない新天地よりも今のチームに留まってコンディション向上に努める気持ちが強くなってもおかしくありませんよね。


最終日が意外と静かだったというよりは、そもそも大物の移籍というものが起こりにくい夏だったのです。
それなのに白いチームさんが派手に動いたことで、周りが巻き込まれていったというのが本当のところでしょう。


二強が圧倒するスペイン


スペインは絶対王者バルサ大量補強マドリの二強が他を圧倒する戦力を有するようになりました。

バルサはエトーイブラヒモビッチをトレード。
シルビーニョの退団に伴いマクスウェルを補強し、移籍最終日にシャフタールから新進気鋭の若手セントラル・チグリンスキーを獲得。
チームとしての大枠を保ちつつ、より高いレベルを目指すためのピンポイント補強という形になりました。

同時にカンテラからもジェフレンやフォンタスを上げて将来への投資も怠りません。

そして出場機会を求めてグジョンセンとフレブはそれぞれモナコとシュツットガルトへ旅立っていきました。

カセレスもグアルディオラの期待に応えられず、それでもユベントスへ行けたのですから大したものです。カンナバーロからいろいろ教えてもらえるのかな?

昨シーズンの最終盤に試合に出ていたシャビ・トーレスはマラガへ行き、開幕戦では得点もマークしています。

彼らの新天地での活躍を願っております!

バルサのこの補強戦略が正しかったかどうかは……今シーズンの結果で判断されることになるでしょう(^^;


対するレアル・マドリ。
獲得した選手はいまさら挙げる必要もないので割愛!
課題である「余剰人員の整理」が、着々と進行されました。

フンテラールはミラン。
スナイデルはインテル。
ロッベンはバイエルン。
サルガドはブラックバーン。
そしてミゲル・トーレスをヘタフェへ。

オランダ勢はファン・デル・ファールト以外放出となりました。救われないですねぇ…
彼らがマドリと対戦したときに「恩返し」することを、バルセロニスタとしては願ってしまいます(苦笑)
早速ミランがチャンピオンズリーグで対戦となりますから。


イングランドが「狩られる」側に?


ここ数年は豊富な資金力を背景にしたチェルシーやマンチェスター・シティなどを中心に、世界中から優秀な選手を集めていたイングランド。
この夏では一転して選手の流出が起こったかのように感じてしまいました。

いえ、実際には他国と比べても違いはほとんどないのですが、マドリによる選手獲得の影響を一番受けていたためにそう感じてしまうのです。

クリスティアーノ・ロナルドシャビ・アロンソアルベロアといったビッグクラブの中心も中心の選手がこぞってマドリに行ってしまったのですから、目立ちますよね。

バレンシアやオーウェンなどを獲得し、ある程度の穴は塞ぐことができそうなマンUと比べると、中盤と最終ラインの戦力を大幅に下げてしまったリバプールに不安が広がります。

以下、主要クラブごとに考えます。

■リバプール
リーグ優勝回数をマンUに追いつかれたリバプールにとって、今季は勝負の年。そしてベニテス監督が作り上げてきたチームは優勝を十分に狙える戦力と経験を有し、まさにこれから!というところだったのに……アルベロアとシャビ・アロンソが引き抜かれてしまいました。残酷なものです。

スペインより一足早く開幕したプレミアリーグでは既に2敗を喫しており、彼らの離脱は少なからず影響を与えていることを証明する形となってしまいました。

困難な状況ですが、これからの巻き返し願わずにはいられません。
(個人的にイングランドではリバプールが好きなんです)


■チェルシー
チェルシーは世界同時不況の影響なのか、かなり控えめな補強に終わりました。
監督がアンチェロッティに変わったのは大きいですが、選手は左サイドのオールラウンダー、ジルコフ他数名と、派手さはありません。

しかしながら、昨季後半の巻き返しでテリーとランパードを筆頭とする既存戦力が未だに世界屈指の能力を持つことを知らしめたチェルシー。

イタリアから招いた名指揮官は、ブラジルから招いた名指揮官の辿った道とは別の道に行くことができるのか、注目です!


■マンチェスター・シティ
恐るべきはアラビアのオイルマネー。
今季もその資金力によって大量補強を敢行しました。

しかしカカやエトーといった「超クラック」級の選手を獲得するには至りません。悲しいことに、このクラブにはそこまでのブランド力が備わっていなかったのです。

それでもこのクラブで新しい歴史を作るため、より良い条件を手にするために移籍する優秀な選手はいました。

アデバイヨール、テベス、コロ・トゥーレ、バリーといった名手たちがこのチームに更なる躍進をもたらしてくれそうな気がします。

最近はシルビーニョも加入したことで、ますますこのチームに注目せずにはいられなくなりました。ビッグ4体制を崩せるか、注目です!


■アーセナル
アデバイヨールをシティに放出したにもかかわらず、即戦力となる人材を獲得できなかったガナーズは今季も厳しい戦いが続きそうです。

若手育成主体でチャンピオンズリーグに出続けているのは凄いですが、タイトルを獲得できなくなって久しくなり、サポーターから不満の声が多くなってきているのも事実。

今季も「上位」までは行けるでしょうが優勝は厳しそうな気がします。でもきっとベンゲル監督は信念を曲げることはないんだろうな〜


イタリアは…インテルの独壇場?


近年はすっかり元気がなくなってしまったイタリア(それでもUEFAランキングは3位)。移籍市場ではインテルが重要な役回りを演じましたが、それ以外のクラブが主役に立つことはありませんでした。


■ACミラン
財政難から、カカをついにマドリに放出。
その後は最終的にマドリからフンテラールを獲得しましたが、他はいわゆる「お手頃価格」で獲得した選手。移籍金収入は借金の返済に充てられた可能性が高そうです。
それに加え、ボルドーにグルキュフを完全移籍させたため、今季はなし崩し的にロナルディーニョを中心に戦うことになったのです。

最近見た映像での彼はけっこう体が絞れたように見えましたが、プレーのクオリティはどうなっているか。
少なくとも4-0で大敗したミラノダービーでは厳しかったような…
でもかつてバルサで一時代を築いたクラック。ぜひ復活してもらいたいものです。
まだ20代なんだから、老け込むには早すぎるよ!


■インテル・ミラノ
先日、永遠のライバル・ミランに圧勝したインテルの勢いは、実りある補強の結果が生んだと言ってもよいでしょう。監督のモウリーニョにして「完璧な陣容」と言わしめる戦力は、間違いなくセリエAの優勝候補筆頭にふさわしい強力さです。

イブラヒモビッチは失ったものの、全く引けはとらないストライカー・エトーが加入。
昨季旋風を起こしたジェノアの原動力として活躍した点取り屋ディエゴ・ミリートと、中盤の選手として遂にブレイクしたモッタ(!)も揃って獲得。
マクスウェルは抜けましたが、これはサントンの急成長があったから。
バイエルン守備陣の要・ルシオに、マドリからはスナイデルもGet!

マドリほどの派手さはないものの、獲得人数と適材適所ぶりは上を行くくらいの反則的補強です。
ルシオとスナイデルは、イブラヒモビッチを高額でバルサに売った資金がなければ厳しかったはず。

「えげつない」って言葉が身にしみます……

それにしても、ミラノの2チームには元バルサの選手が増えましたね〜
時代の流れを感じます。


■ユベントス
覇権奪回を目指すユベントスは、ジエゴ、メロ、カンナバーロに前述の通りカセレスといった補強内容。みんな実力者なのですが、いかんせんインテルが充実しすぎてて霞んで見えてしまいます。

ジエゴがブレーメンで見せた天才的才能がイタリアでも発揮できれば優勝争いは面白くなるかもしれませんが、それでも苦戦は免れないでしょう。
「出戻り」のカンナバーロがティフォージとの関係悪化に悩まされているのも結構痛い。

個人的にインテルの独走に歯止めがかけられそうなのはユーべだけだと思っています。
インテルも好きなんですけど、ユーべもがんばってセリエAを盛り上げて欲しいですね!


あと、気になった移籍としては……

長年インテルを支えたフリオ・クルスはラツィオを新天地と定めました。スタメンで出れなくてもきちんと準備して、途中出場でしっかりと結果を出すという職人系。結構好きな選手だったので頑張って欲しいです。

あとはウディネーゼにコッラーディ、ボローニャにサラジェタと懐かしい面々も移籍して、新たなチャレンジに挑みます。
まだがんばっていたんですね(失礼!)
応援しています。がんばって!



以上、移籍についての考察でした。
既に各国リーグは開幕して熱い戦いが繰り広げられています。
果たしてどこのクラブが補強の成果を出して勝つのか?
楽しみです!

今回スペインについてはあっさりと終わらせましたが、この先の記事でいろいろ取り上げていくことになると思います(特にマッチプレビュー/レポートで)。

¡FORÇA! ¡BARÇA!
トップページへ戻る

テーマ

関連テーマ 一覧

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ リーガ・エスパニョーラへ

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
コメントお待ちしています。なるべく早く返信します。
(広告やスパムコメントは削除させていただきます)

ブログ全体アクセス数


My E-mail Address

enrique.mg.21@gmail.com

World Clock (10 Cities)

FX初心者の入門講座

UEFA Champions League



  • 11-12 Group Stage
Group H (2011/12/07)
No Equipos Pt.
1 FC Barcelona 16
2  AC Milan 9
3  FC Viktoria Plzeň 5
4 FC BATE Barysaw 2
    >>All Groups Info...

  • 11-12 Knockout Round
     1/2 Final...

Liga Española -La Liga-

  • 14-15 Clasificasión
    ¡Campeón!
     
  • 11-12 Clasificasión
Jornada 37 (2012/05/06)
No Equipos Pt.
1 Real Madrid 97
2 FC Barcelona 90
3 Valencia CF 61
4 Málaga CF 55
5 Atlético de Madrid 53
6 Levante UD 52
7 RCD Mallorca 52
8 CA Osasuna 51
9 Sevilla FC 49
10 Athletic Club Bilbao 49
11 Getafe CF 47
12 Real Betis Balompié 46
13 RCD Espanyol 45
14 La Real * 44
15 Granada CF 42
16 Villarreal CF 41
17 Rayo Vallecano 40
18 Real Zaragoza 40
19 Sporting de Gijón 37
20 Real Racing 27
   
   : Champions League
   : Europa League
   : Segunda(降格)
* La Real = "Real Sociedad"
      >>More Info...

  • 10-11 Clasificasión
    ¡Campeón!
      >>More Info...
  • 09-10 Clasificasión
    ¡Campeón!
      >>More Info...
  • 08-09 Clasificasión
    ¡Campeón!
      >>More Info...

Copa del Ray

  • 14-15 Tournament
    ¡Campeón!
  • 11-12 Tournament
    ¡Campeón!
  • 10-11 Tournament
     Final...
  • 09-10 Tournament
     1/8 Final...
  • 08-09 Tournament
    ¡Campeón!

Himne del FC Barcelona
Tot el camp és un clam sóm la gent blaugrana. Tant se val d'on venim si del sud o del nord
ara estem d'acord, ara estem d'acord, una bandera ens agermana.
Blaugrana al vent un crit valent tenim un nom el sap tothom: BARÇA, BARÇA, BAAARÇA!
Jugadors, seguidors, tots units fem força. Són molt anys plens d'afanys, són molts gols que hem cridat ,
i s'ha demostrat, i s'ha demostrat, que mai ningú no ens podrá tórcer.
Blaugrana al vent un crit valent tenim un nom el sap tothom: BARÇA, BARÇA, BAAARÇA!

【一筆】2009年夏・移籍市場考察 最終回 バルセロニスタの一筆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる