バルセロニスタの一筆

アクセスカウンタ

"El Ensayo del BARCELONISTA (バルセロニスタの一筆) " is presented by EnriqueMG. 
Recommended Web Browser: Mozilla Firefox ver.10(or Later), Internet Explorer ver.8. 
◆Pickup◆
【初めての方に】スペイン語のサッカー用語解説 →こちら
【2010FIFAワールドカップ】関連記事のまとめページ →こちら
【バルサ会長選挙2010】マーク・イングラ氏応援の軌跡 →#1, #2, #3, #4, #5
【旅行記】2009年春スペイン周遊旅行記更新中! →目次へ

zoom RSS 【2009年春 スペイン周遊旅行記】vol.3 グラナダ観光

<<   作成日時 : 2009/08/08 23:57   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

スペイン旅行記volume.3は、グラナダの観光をお送りします。やっと観光地の写真が出てきます!

旅行記 vol.1(目次)はこちら→
旅行記 vol.2(前回)はこちら→

2009年春 スペイン遠征 (3/20)
日時行動備考
3/20(金)AMカテドラル
アルバイシン

3/20(金)14:00アルハンブラ宮殿ナスル朝宮殿は16:30から
3/20(金)19:00夕食カテドラル前のレストラン
3/20(金)21:00フラメンコ観賞タブラオ:ロス・タラントス

・宿泊ホテル: Hotel ANAKAPRI (★★★)
・当日のユーロ為替レート:1ユーロ約132円

起床 グラナダの朝


激動の初日の疲れからか、ぐっすりと熟睡して8:00少し前に起床。ホテルの朝食は9:00までだったので、身だしなみを整えてビュッフェルームヘ。

国内の旅行では素泊まりが基本なので、朝食はコンビニとかで済ませてしまうことも多いのですが、海外ではそういう気軽な店を探すのも面倒。
それに慣れない土地なのですから、栄養をきちんと取っていかないといけません。
身体は重要です。
よって、この旅行では基本的に朝食付のプランでホテルを予約しました。
この判断は大正解。とても気持ちのいい気分で一日を始めることができました。
ビュッフェも、パンにシリアル、生ハム、ベーコン、オムレツなど基本は揃っていて、ミルクに紅茶にコーヒーも完備。優雅な朝を過ごせました。

食事は30分くらいで終え、その後フロントへ。
そう、今日の夜にフラメンコを見るためです!

5年前にグラナダに来たときに泊まった星(★)の無い宿でも、フロントを通じて簡単に予約をすることができました。宿の近くまで迎えに来てくれるので、夜遅くのショーでも安心。

タブラオは三つくらいから選べます。
パンフレットを見比べて(日本語あり)、結局「ロス・タラントス」というタブラオにしました。
一応、フロントの人のお勧めってことで(^^;


午前中はカテドラルとアルバイシンへ!


フラメンコの予約も終了し、いよいよ観光に出発!
まずは歩いてすぐに行けるカテドラルへGO!
宿泊したホテルの位置。左にカテドラル(Catedral)があるのが確認できます。


カテドラルという名の建造物はスペインの各都市に存在します。どれも非常に大きく重厚な建物で、さすがはキリスト教の国という感じですね。
グラナダのカテドラルは1492年のレコンキスタ完了後に建てられました。世界遺産に指定されているセビージャのそれと比べると知名度は低いかもしれませんが、それでも主要観光スポットであることには変わりありません。
それに、自分たちにとっては今回の旅行で初の観光スポットであり、初のカテドラル。圧倒的な存在感を放つパイプオルガンや絵画に魅せられました。
画像
カテドラル前の広場より。大きすぎて全部入りませんでした。。



約1時間くらい見学した後は、北方にある丘に広がる「アルバイシン」へ行きました。
こちらはグラナダがイスラム教勢力に支配されていた時代にユダヤ人が居住していた地域。アンダルシア地方の強烈な日差しを和らげるための白壁の家が立ち並び、それらにはパティオ(中庭)もある。道は入り組んでいて、外敵が進入しづらくなるようにも考えられています。

この世界遺産の街並みには、ホテル近くのヌエバ広場から発着している「アルハンブラバス」で行きました。
料金先払いで、1.2ユーロくらいだったと思います。小銭が厄介ですね。
距離的には歩けそうなんですけど、石畳と急な坂が続いて道も入り組んでいるので、バスがお勧めです。

あと、アルハンブラバスはいろんな観光地を結んでいるので、アルバイシンに行く路線番号を確認しておくことが必要です。自分たちが乗ったのはたしか32番。変更されるかもしれないので現地で確認してください。

アルバイシンで有名なのが、アルハンブラ宮殿を見晴らすことのできる「サン・ニコラス広場」。バスに乗るときにこの名前を運転手さんに行っておけば最寄のバス停で停まってくれます。最も、沢山の人が降りるのでわかるとは思いますが(^^)
画像
サン・ニコラス広場からの眺め
日によっては雪の積もったシエラ・ネバダ山脈が美しく見えます
ギターで名曲「アルハンブラの思い出」を奏でる人もいて、雰囲気抜群!


そうそう、バスの中では日本に数十年前に仕事できていたというおじいさんに会いました。日本人観光客に会ったときに見せるためなのか、日本での写真や名刺、地図などを見せてくれて面白かったです。
名刺裏に書かれた地図に「国鉄品川駅」ってあったから、かなり前の話。それでも日本語を結構話すことができたので嬉かったですね。
そのおじいさんがいたおかげで、降りるバス停もばっちりでした!
画像
白壁の町を歩くエンリケMG(私です)

画像
Albayzin(アルバイシン)と表記されているプレート



遅めの昼食 それがスペイン流!


アルバイシンではサン・ニコラス広場のあともいろいろと街並みを散策したために意外と時間を使ってしまいました。再びヌエバ広場に戻るために、行きで降りたバス停に戻り、アルハンブラバスに乗車。時刻は13:00過ぎ。

アルハンブラ宮殿に向かう前に昼食を取る予定だったので、手早く済ませられるファストフードにしようということになりました。でもマクドナルドやケンタッキーでは寂しいので、スペイン風サンドイッチ「ボカディージョ」を提供しているチェーンの「Pans&Campany」にしました。ヌエバ広場近くにあったので場所も良かったです。

店は結構な混雑。日本の感覚だと昼食時間は過ぎていますが、ここら辺はさすがスペインですね。

自分はボカディージョとフライドポテト、ドリンクという、いわゆる「セットメニュー」を注文。
スペイン語ではセットのことを「Menu(メヌ)」と言うんですね〜
私は8番のセットメニューだったので、「メヌ ヌメロ オーチョ (セット番号8)」と言ったところ見事に通じました(^^)

このセットでは、ボガディージョはハンバーガータイプのもの(普通はフランスパンの形)を選べることができました。
ハンバーガータイプの名前は、「Hanburguezza」

「スペイン語は基本ローマ字発音のはず!」と信じて、「ハンブルグエッサ」といったらこれも見事に通じてちょっと嬉しかったですね。スペイン語万歳!(笑)
画像
これは彼女の頼んだ、通常形のボカディージョ
価格は、7ユーロ弱でした



いよいよアルハンブラ宮殿へ


昼食も済んで、これからいよいよメインのアルハンブラ宮殿へ向かいます。ここもやはりヌエバ広場が基点。宮殿につながる坂道がここから延びています。一キロくらいは坂道を登っていくので、体力を結構使います。中も広く、さらに歩くので、体力に自信のない人は先ほどの「アルハンブラバス」で宮殿入り口に行くルートに乗車すると良いでしょう。
ちなみに、うちの彼女は登りで結構へばってました(笑)


アルハンブラ宮殿チケットのお勧め入手法


アルハンブラ宮殿は、世界遺産としてあまりにも有名。世界中から観光客が押し寄せてきます。
その中でも特に注目度の高い「ナスル朝宮殿」は、入場時間が決められています。

つまり、一日に入れる人数は決まってしまっているのです。
当日券を買って入場しようとすれば、発売開始の朝早くから並ばなければいけません

一分でも時間の惜しい観光客にとって、チケット購入にここまで時間と労力を使うのは避けたいところ。

よって、Webからの予約購入をお勧めします。日付や時間を指定して購入できます。
当日は購入に使ったクレジットカードをチケットブースの専用機に読み込ませるだけ。

こちらからアクセスして、左側メニューから「How to get a ticket」を選択、表示されたページの中段から「Buy Now」に進んでください。
新しく開いたページは最初はスペイン語ですが、英語に変更できます。そこで、「General Visit in Alhambra y Generalife」のチケットを購入します。
価格は、一人13ユーロでした。


予定を確定せずに旅をしている場合には、現地の銀行(La Caixa: ラ・カイシャ)で購入もできますが、これは当日券は無理で、翌日以降だったと思います。5年前はこの方法で購入しました。

当日券購入で苦労するよりも、事前購入が絶対に便利です!
画像
チケット発券! ナスル朝宮殿には16:30入場とありますね



アルハンブラ宮殿


15世紀末のヨーロッパにおけるイスラム教最後の拠点、グラナダ。打倒イスラム教の嵐が吹き荒れる中、イスラム建築究極の到達点として最後に花開いたのが、このアルハンブラ宮殿でした。
カテドラルがその大きさと重厚感で見るものを圧倒するのに対し、アルハンブラは精緻な彫刻や水や緑といった自然との調和を特徴としています。
アルハンブラ宮殿の位置。右にGeneralife(ヘネラリフェ)が確認できます。



画像
王族の夏の離宮である「ヘネラリフェ」(これも世界遺産)
噴水で作られたアーチで彩られた美しい庭園です


画像
ナスル朝宮殿 「アラヤネスの中庭」
水面に映し出されてシンメトリーを描く宮殿はあまりにも有名


画像
イスラム教の偶像崇拝禁止によって発展したのが、複雑かつ美しい幾何学模様
アルハンブラではその一つの到達点をこういった壁画に見ることができます



キリスト教100%のカテドラル
イスラム教100%のアルハンブラ


奇跡ともいえる混在を実現しているのが、このグラナダなのです。
思想の違いが建造物や芸術に表れていることが、きっと実感できるでしょう。


他にも、アルカサーバと呼ばれる砦の跡から眺めるグラナダの街並みは絶景です。
画像
グラナダ中心街を見下ろせます
中央付近がヌエバ広場

画像
サクロモンテの丘とアルバイシンの街並み
中段左端に、午前に行ったサン・ニコラス広場が見えます


途中には、グラナダ特産の工芸品である寄木細工の店「LAGUNA(ラグーナ)」があります。地球の歩き方にも載っているのでお馴染みですね(店内にも地球の歩き方の本がありました)

ここでの目的は、「グラナダ」の曲が奏でられるオルゴール付きの小物入れを買うこと。5年前に来たときはプレゼントしてしまったので、今回、自分用に遂に手に入れることができました!
あとは、アルハンブラとその背後のシエラ・ネバダ山脈が美しく写っている写真がはめ込まれた、寄木細工の写真立ても購入。うーん、大満足です(^^)
画像
ラグーナの外観
店内には製作現場もあり、実際の作業を見ることができます


この寄木細工も、美しい幾何学模様が特徴です。やはりイスラム教の影響なのでしょうね。


夕食 カテドラル前にて


ナスル朝宮殿が16:30からの入場だったこともあり、ホテルに戻ったのは19:00近くになってしまっていました。

アルハンブラ宮殿に入ったのが15:00前でしたから、実に4時間はかかったことになります。ブログではとても全てを書ききれないほどに盛りだくさんなアルハンブラ宮殿。時間に余裕を持たせておいて良かったです。
(撮影した写真は沢山あるので、これは後日にアルバムとして別に公開しようかと考えてます)

さて、ホテルに戻った後は一休みして夕食に出かけました。
今朝に予約したフラメンコは、21:00にフロントまで係員が迎えに来るようになっています。二時間位あれば夕食は済ませられるだろう…ということで街を歩き、どの店にしようかといろいろ迷った末、再びカテドラル前の広場に来ました。

ここに面するレストランがテーブルと椅子を外に出していたので、この大きなカテドラルを見ながら食事するということで意見は一致したのです。気持ちよかった〜

注文した料理は、

・ビール(セルベッサ),白ワイン(ビーノ・ブランコ)
・生ハムのアソート
・海老すり身のフリッター
・ガスパチョスープ

などなど。

なんといってもスペインは食事の量が多い。忘れていたわけではないので控えめに注文したつもりなのに、かなーりお腹一杯になってしまいました。

値段は全部で50ユーロ程度だったと思います。ま、普通かな?

全体的にゆっくりと料理が提供されたことと、満腹で食べるのに時間がかかったこともあり、21:00ちょうどにホテルへ到着することになりました(苦笑)
画像 画像
ライトアップされたカテドラル前での夕食
リストランテの名前は… 読めませんでした(^^;


フラメンコ(1回目) ロス・タラントス


グラナダのフラメンコは、直接タブラオには行きません。
まずは夜のアルバイシンを見学させてくれます。

昼間とは違って静まり返った街並み。それを照らす暖かい電球の光。
まるで中世に戻ったかのような幻想的な気分になってきます。

続いて、午前中にも行ったサン・ニコラス広場へ。
ここで見るのはもちろんアルハンブラ宮殿。
ライトアップされた宮殿は息を呑むほどに美しいです。
自分は二回目ですけど、やっぱり涙が出そうになりますね…
彼女も感動していました。

ガイドさんが途中でいろいろとを説明してくれるのですが、この回はスペイン人とフランス人が多かったらしく、英語で説明してくれたのは最初の方だけ基本はスペイン語とフランス語でした。あとで「ごめんね」って言われたけど、ちょっと残念でした。
画像
控えめなライトアップが美しさと物悲しさを際立たせます


そしていよいよタブラオへ。
洞窟の中でおこなわれるフラメンコは、その情熱をより身近に感じることができます。実際、目と鼻の先で踊っていますし、客と踊り手を隔てる段差もありません

途中ではかなりふくよかな女性も登場して、迫力のボーカルを披露していました。ボーカル担当と思っていたら、最後のほうでは軽やかに踊りも見せてかなりびっくり(^^;
フラメンコをやっている彼女曰く「フラメンコ用のシューズじゃなくて、普通のヒールだったことにびっくり」とのこと。
凄いですね〜

彼女は、ここで繰り広げられたショーを見て、「あんな風にはなれない…」と軽く落ち込んだそうです(苦笑)
ま、プロですから…
画像
ロス・タラントスの入口
すごい人数でごった返してました

画像
このように客が周りを囲み、その中央で踊るようになってます


ショーは23:00過ぎに終了。
あとは各ホテルを順に巡って送迎してくれました。

値段は、1ドリンク付きで一人25ユーロ程度。
他のタブラオでも価格帯は変わらないようです。

夜のアルバイシンも見れて、フラメンコも見れて、送迎付きですから全然高くないですよね!


これでこの日の観光は終了。
何事もなく終わることができました(^^;


翌日はグラナダからバルセロナに移動するのですが、使うのは「あの」スパンエアー
本当に飛んでくれるのか(もう信用度ゼロ)、明日の朝はインターネットで確認しようと心に誓ったのでした(苦笑)



非常に長くなってしまいましたが、全ての出来事を書こうとするとまだまだ足りないくらいですね。。

盛り沢山なこの旅行、これからも長い記事が続きそうですが、どうぞよろしくお願いします!
¡VIVA! ¡ESPAÑA!
¡VIVA! ¡GRANADA!

 次の旅行記(vol.4)へ >>
トップページへ戻る

テーマ

関連テーマ 一覧

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ リーガ・エスパニョーラへ

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
コメントお待ちしています。なるべく早く返信します。
(広告やスパムコメントは削除させていただきます)

ブログ全体アクセス数


My E-mail Address

enrique.mg.21@gmail.com

World Clock (10 Cities)

FX初心者の入門講座

UEFA Champions League



  • 11-12 Group Stage
Group H (2011/12/07)
No Equipos Pt.
1 FC Barcelona 16
2  AC Milan 9
3  FC Viktoria Plzeň 5
4 FC BATE Barysaw 2
    >>All Groups Info...

  • 11-12 Knockout Round
     1/2 Final...

Liga Española -La Liga-

  • 14-15 Clasificasión
    ¡Campeón!
     
  • 11-12 Clasificasión
Jornada 37 (2012/05/06)
No Equipos Pt.
1 Real Madrid 97
2 FC Barcelona 90
3 Valencia CF 61
4 Málaga CF 55
5 Atlético de Madrid 53
6 Levante UD 52
7 RCD Mallorca 52
8 CA Osasuna 51
9 Sevilla FC 49
10 Athletic Club Bilbao 49
11 Getafe CF 47
12 Real Betis Balompié 46
13 RCD Espanyol 45
14 La Real * 44
15 Granada CF 42
16 Villarreal CF 41
17 Rayo Vallecano 40
18 Real Zaragoza 40
19 Sporting de Gijón 37
20 Real Racing 27
   
   : Champions League
   : Europa League
   : Segunda(降格)
* La Real = "Real Sociedad"
      >>More Info...

  • 10-11 Clasificasión
    ¡Campeón!
      >>More Info...
  • 09-10 Clasificasión
    ¡Campeón!
      >>More Info...
  • 08-09 Clasificasión
    ¡Campeón!
      >>More Info...

Copa del Ray

  • 14-15 Tournament
    ¡Campeón!
  • 11-12 Tournament
    ¡Campeón!
  • 10-11 Tournament
     Final...
  • 09-10 Tournament
     1/8 Final...
  • 08-09 Tournament
    ¡Campeón!

Himne del FC Barcelona
Tot el camp és un clam sóm la gent blaugrana. Tant se val d'on venim si del sud o del nord
ara estem d'acord, ara estem d'acord, una bandera ens agermana.
Blaugrana al vent un crit valent tenim un nom el sap tothom: BARÇA, BARÇA, BAAARÇA!
Jugadors, seguidors, tots units fem força. Són molt anys plens d'afanys, són molts gols que hem cridat ,
i s'ha demostrat, i s'ha demostrat, que mai ningú no ens podrá tórcer.
Blaugrana al vent un crit valent tenim un nom el sap tothom: BARÇA, BARÇA, BAAARÇA!

【2009年春 スペイン周遊旅行記】vol.3 グラナダ観光 バルセロニスタの一筆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる