バルセロニスタの一筆

アクセスカウンタ

"El Ensayo del BARCELONISTA (バルセロニスタの一筆) " is presented by EnriqueMG. 
Recommended Web Browser: Mozilla Firefox ver.10(or Later), Internet Explorer ver.8. 
◆Pickup◆
【初めての方に】スペイン語のサッカー用語解説 →こちら
【2010FIFAワールドカップ】関連記事のまとめページ →こちら
【バルサ会長選挙2010】マーク・イングラ氏応援の軌跡 →#1, #2, #3, #4, #5
【旅行記】2009年春スペイン周遊旅行記更新中! →目次へ

zoom RSS 【スペイン周遊旅行記】番外編:2004年春 初のバルサ現地観戦

<<   作成日時 : 2009/08/26 17:42   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

スペイン周遊旅行記も次回で10回目。まだ旅行日程の半分も消化していないという遅さで更新中(苦笑)ですが、ここでちょっと一休み。前回でバルサの現地観戦レポートをしたので、今回はさらにさかのぼり、5年前に初めて現地観戦したときのレポートをおこないます!


旅行記 vol.1(目次)はこちら→


2004年春 イタリア・スペイン周遊旅行


旅行期間は、
2004年2月27日(金)〜2004年3月16日(火)
の約3週間。

そう、大学の卒業旅行です(^^)
今年の旅行と比べると全くもって貧乏旅行でしたが、これはこれで楽しめました。
でもヨーロッパはやっぱりある程度お金を使ったほうが楽しめるかも。。

航空会社は全てアリタリア航空を利用。
成田→ミラノ,ローマ→バルセロナ,マドリー→ミラノ,ミラノ→成田
のオープンジョーです。

アリタリアの機内食は結構美味しいんですけど、いかんせんよく遅れるんですよね〜
最後のマドリー→ミラノは、なんと2時間遅れ
ミラノ発成田行きに間に合わなかったんです(^^;
(結局6時間後のJAL便に振替えてくれました)

でもヨーロッパ系航空会社では安めなのでまあ仕方ないかな?

ということで、まずはスケジュールを成田出発後から簡単に紹介します。

イタリア編
■ミラノ (3泊)
 ・マルペンサ空港着
 ・ミラノ観光:ドォーモやグラッチェ教会など
 ・セリエA インテル vs ブレシア観戦(ジュゼッペ・メアッツァ
 ・都市間急行「InterCity(インタシティ)」でヴェネツィアへ

■ヴェネツィア (1泊)
 ・サンタ・ルチア駅着
 ・ヴェネツィア観光、深夜と早朝の散歩
 ・特急「Eurostar(ユーロスター)」でフィレンツェへ

■フィレンツェ (1泊)
 ・サンタ・マリア・ノヴェイラ駅着
 ・フィレンツェ観光:ウフィツィ美術館、ドォーモなど
 ・都市間急行「InterCity」にてローマへ

■ローマ (1泊)
 ・テルミニ駅着
 ・ローマ観光:たくさん!バチカンも!
 ・フィウミチーノ空港よりバルセロナへ!



スペイン編
■バルセロナ (5泊+寝台列車)
 ・プラット空港着
 ・バルセロナ観光:市内に加え、タラゴナ・フィゲラスも
 ・リーガ第27節 バルサ vs マジョルカ観戦(カンプ・ノウ)
 ・寝台特急「TrenHotel(トレンオテル)」でグラナダへ

■グラナダ (2泊)
 ・グラナダ駅着
 ・グラナダ観光:アルハンブラ宮殿にフラメンコなど
 ・マドリーで列車爆破テロ!
 ・高速バスでコルドバへ

■コルドバ (1泊+夜行急行座席)
 ・コルドババスターミナル着
 ・テロのため観光地が軒並み閉鎖
  →メスキータくらいしか入れない…
 ・夕方からのテロ抗議デモに参加
 ・予定を変更し、夜行急行でアランフェスへ

■アランフェス (1泊)
 ・アランフェス駅着
 ・アランフェス観光:王宮や庭園など
 ・高速バスでマドリーへ

■マドリー
 ・バスターミナル着
 ・そのままタクシーでバラハス空港へ
 ・ミラノ経由で帰国


スペインに長く滞在するためにイタリアをかなり駆け足で回ったのが特徴ですね。しかもサッカーの試合を見るためにミラノとバルセロナの滞在日数が異常に長い(^^;
ま、そのおかげでこの2都市は結構詳しくなったし、特にバルセロナはその経験が今年の旅行でもふんだんに生かされることとなりました。

イタリアではぶっちぎりでヴェネツィアが良かったです。
治安もよく、水の都の風景は最高。迷路の路地も歩いて楽しい。
イタリアだから当然ご飯も美味しい。
もっとたくさん滞在したかったですね…

スペインではやっぱりバルセロナとグラナダが同着一位。
グラナダ駅に降り立ったとき、アルハンブラ宮殿に着いたとき。
感動で震えたことを昨日のことのように思い出します。
バルセロナでの試合観戦や観光地巡り、美味しい食事も忘れられません

どちらの国もラテン系で言葉も似てるし、宗教もカトリック。
周遊するならこのコンビはかなりお勧めできると思います!


この旅行で一番のサプライズというか恐怖だったのが、グラナダ滞在中に起きたマドリーの列車爆破テロ。日本でも大きなニュースになっていたらしいのですが、スペインではそれはもう大騒ぎでした。

最初に立てた予定ではもっと早くにマドリーに入る予定だったので、ちょっと運命が異なっていれば巻き込まれた可能性は十分にあったのです。危ない…

現地新聞で凄惨な映像がそのまま載っていたのはびっくりでした(スペインではあまり隠さないで掲載するみたいです)

観光スポットは閉鎖されるはマドリー観光予定も変更するは、最後の最後で起きた忌まわしい事件でした。犠牲者のご冥福をお祈りします。


バルセロナを初観戦!


旅行全体の話はこれまでにしておいて、ここからは当時のバルサのマッチレポートをおこないます。

なぜ、いまさらこの試合をわざわざ記事にするのか?と思う人も多いでしょう。
でも、この試合はとても色んな要素を含んでいて興味深いんです。


1.ルイス・エンリケがデランテーロ・セントロで出場!

2.右エストレーモにはブレイクし始めたルイス・ガルシア

3.シャビに替わって入ったのは、19歳のイニエスタ

4.そしてマジョルカを率いるのは、賢人ルイス・アラゴネス

5.そのデランテーロ・セントロは、サミュエル・エトー


と、見所満載!

さらには、

エンリケ兄貴はゴールを決めてくれるし、
「狂犬」ダービッツが大活躍したり、
エトーが味方のボールを奪って攻め込みゴールを決めてしまったり、
アラゴネスはアマリージャを2枚食らって退場してしまったり…

ルイス・エンリケもさることながら、ルイス・ガルシアイニエスタエトーなど、この後ワールドクラスとして大きく羽ばたいていく選手たちの若かりし頃。その才能が既に躍動していました。
そして後にEURO2008を征することになるアラゴネス監督の短気なところも相変わらずでした。(笑)

とにかく、すっごく楽しめたんです(^^)

イタリアで見たインテルvsブレシアは、ホームのインテルがバッジォのいないブレシアに逆転負けするという不満のたまるゲームだっただけになおさら良かったですね。

ちなみにこの頃の私はまだイムノを歌えませんでした。
現地で聞いたこのメロディーに心奪われ、帰国後すぐにマスターしたのです(^^)

03-04 リーガ・エスパニョーラ 第27節
FCバルセロナ
3 - 2
RCDマジョルカ
[2004/03/07(SUN)] カンプ・ノウ

 1 - 0 ルイス・ガルシア(2分)
 2 - 0 ルイス・エンリケ(15分)
 3 - 0 ルイス・ガルシア(57分)
 3 - 1 エトー(88分)
 3 - 2 デリバシチ(89分)
バルセロナ 出場メンバー画像

バルサは兄貴で勝負!


この試合では、なんとルイス・エンリケがデランテーロ・セントロとしてスタメン出場となりました。

当時、サビオラが累積警告でクライファートは怪我という純粋なセントロがいない状況下だったのです。
メディアプンタやインテリオールなど、メディオの攻撃的な位置で活躍していた印象の強いエンリケですが、かつてスポルティング・ヒホンでプロデビューしたときの彼は点取り屋として強烈な印象と実績を残していました。

このことからこの試合で白羽の矢が立ったカピタン・ルイス・エンリケ。
カピタンマークを巻いたデランテーロ・セントロ
かっこよすぎます!さすがはポリバレンシアの代表格!

右エストレーモには、このシーズンに鳴り物入りで加入したクアレスマさえもベンチに追いやってしまったカンテラ出身だけど出戻りの苦労人、ルイス・ガルシア
(エスパニョール在籍の選手は同じ名前ですが、別人です)

左エストレーモには、バルサ1年目にして数々の超絶技を披露してクレの心を掴んだロナルディーニョ

右インテリオールは、ダービッツ(左インテリオール)の精力的なプレスによって守備の負担から開放されてその攻撃力が開花したシャビがタクトを振るいます。

ピボーテに、エンリケと並ぶポリバレンシアの代表格であるフィリップ・コクーが君臨し、敵の攻撃を的確なカバーで潰していきます。

最終ラインは、両ラテラルをライツィハーとファン・ブロンクホルスト(この頃はまだ登録名がジオではない)のオランダ人で固め、セントラルが当時まだ第3カピタンのプジョルとこのシーズンで躍進してトップチームに定着したオレゲール

ポルテーロは、完全にルストゥからレギュラーの座を奪ったビクトル・バルデス(背番号が1になるのは次のシーズンから)。


いやー、今改めてこの布陣を見ると懐かしくて涙が出そう…
みんな元気でやってるか〜?

このルイス・エンリケをトップに配置したバルサは、好調を維持しているチーム状況の中でマジョルカを圧倒していくことになります。


「ルイス」の名が舞う日


試合開始後、いきなりルイス・ガルシアがペナルティエリア内でボールを受け、そのままゴールを決めてしまいます!
そのあまりの早さに、まだスタンドに来てなくて見れなかった客も絶対いるに違いないと思ってしまうゴールでした。

これで波に乗ったバルサ。

ルイス・エンリケはロナルディーニョとポジションチェンジをしながら敵最終ラインの裏を積極的に狙っていきます。そして…

15分過ぎに、敵ディフェンサのミスに乗じてボールを奪ったルイス・エンリケがそのままゴールを決めて2-0!

うおおおお、エンリケ〜〜〜〜!

何ともカピタンらしい執念とガッツから生まれたゴール!!

自分が観戦したときに決めてくれるなんて嬉しすぎます(^^)
エンリケ兄貴最高!

試合はこの後もバルサがコントロールするも、追加点は奪えずに前半終了となりました。


後半も流れは変わらず、バルサペースで進みます。

そして57分、ダメ押しとなる3点目をルイス・ガルシアが決める!

豊富な運動量に洗練されたテクニック。
若さによるスピードも持ったルイス・ガルシアですが、得点力も一級品であることを証明しました。

次シーズンでリバプールに行ったことは結果的には正解だったのでしょうが、自分としてはぜひバルサに残ってジウリーとレギュラー争いをして欲しかったですね。もっとも、すぐにメッシがトップチームに上がってきてしまうのですが…(^^;


ルイス・エンリケルイス・ガルシアがゴールを決めたのに加え、マジョルカのルイス・アラゴネス監督は2枚のタルヘタ・アマリージャを受けて退場するなど(苦笑)、まさに「ルイス」が主役となったゲームとなりました!


衝撃! カメルーンの超速ストライカー!


このまま楽勝ムードで終わりそうだった試合を最後に冷や汗に変えてしまったのが、ご存知サミュエル・エトーでした。

アラゴネスの厳しくも実り多き指導により、マジョルカで不動のエース・ストライカーとして成長したエトーは、敗色濃厚なマジョルカにあって一人気を吐いていました

3点のビハインドを負っても諦めずにバルサの選手にプレスを掛け、幾度かチャンスも作り出していたのです。

そして88分。センターライン近くまでに下がってボールを(味方からひったくるように)奪ったエトーは、そのまま単独でバルサの陣を突破、ゴールを決めてしまうのです!

驚く観客。バルサの選手も同様でしたでしょう。
しかし、まだ2点差なんだから大丈夫と誰もが思っていたのですが…

僅か1分後、今度はエトーと共に突破したデリバシチにシュートを決められ何と1点差に!

にわかに騒がしくなるカンプ・ノウ。
もしもう一点取られてエンパテになろうものなら、バルセロニスタによる巨大なブーイングがスタジアムを飲み込んだことでしょう。


元々このシーズンは序盤戦に安定した戦いをできず、成績は低迷していました。
冬の移籍市場でダービッツを獲得してシステムが定まると怒涛の快進撃を見せるようになったものの、時々このように簡単に失点することもあったのです。


それを現地クレはわかっていました。
今季のチームは脆いときはとことん崩れることを。

だからこそ、カンプ・ノウは一気に不穏な空気に包まれたのです。


ロスタイムは3分
バルサは完全に選手を引かせ、守ることに専念
ここら辺も、らしくないですね。


すごく長く感じたロスタイムはようやく過ぎ去り、バルサは何とか勝利を得たのでした。
まあ、初観戦試合で勝てたので良しとしましょう!


次シーズン、保有権を半分持つマドリとの粘り強い交渉の末、エトーはバルサへ加入することになります。
フロント陣がここまで頑張れたのも、この活躍を見たからかもしれません。
その後の活躍は、皆さんご存知の通りです。


そして今季、エトーはインテルへと移籍しました。
この記事を書くにはいいタイミングになりましたね。


ありがとうエトー!!
マジョルカでのエトーは荒削りながらも凄かった。
バルサでエトーは大きく成長し、世界屈指のストライカーになった。
そして、インテルでの飛躍も心から期待しています。

バルサと戦うとき以外は応援してるよ!(笑)


5年前に旅行したときの写真も、バルセロナのものだけですがアルバムにしてあります。
良ければ見てみてください。今年のアルバムと比較すると違う箇所もある…かな?
↓の画像をクリックしてください。
画像
2004 BARCELONA




以上、番外編の割に長くなってしまいましたが、いつも通りということでご容赦を…(^^;

この試合、いつかは書きたかったので、世に出せてホッとしております。。。

ルイス・エンリケ現役時代のプレーを見れた最初で最後の機会ですからね。
引退してもう5年も経つなんて、時の流れの速さには本当に驚かされます。

幸いにも今はバルサTVが過去の試合を流してくれるし、監督としてバルサ・アトレティックも率いている。いい時代になりました。
このブログでは、これからも応援して行きます!

長い記事に最後までお付き合い下さり、ありがとうございました!
¡VISCA! ¡BARÇA!
トップページへ戻る

テーマ

関連テーマ 一覧

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ リーガ・エスパニョーラへ

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い 面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
コメントお待ちしています。なるべく早く返信します。
(広告やスパムコメントは削除させていただきます)

ブログ全体アクセス数


My E-mail Address

enrique.mg.21@gmail.com

World Clock (10 Cities)

FX初心者の入門講座

UEFA Champions League



  • 11-12 Group Stage
Group H (2011/12/07)
No Equipos Pt.
1 FC Barcelona 16
2  AC Milan 9
3  FC Viktoria Plzeň 5
4 FC BATE Barysaw 2
    >>All Groups Info...

  • 11-12 Knockout Round
     1/2 Final...

Liga Española -La Liga-

  • 14-15 Clasificasión
    ¡Campeón!
     
  • 11-12 Clasificasión
Jornada 37 (2012/05/06)
No Equipos Pt.
1 Real Madrid 97
2 FC Barcelona 90
3 Valencia CF 61
4 Málaga CF 55
5 Atlético de Madrid 53
6 Levante UD 52
7 RCD Mallorca 52
8 CA Osasuna 51
9 Sevilla FC 49
10 Athletic Club Bilbao 49
11 Getafe CF 47
12 Real Betis Balompié 46
13 RCD Espanyol 45
14 La Real * 44
15 Granada CF 42
16 Villarreal CF 41
17 Rayo Vallecano 40
18 Real Zaragoza 40
19 Sporting de Gijón 37
20 Real Racing 27
   
   : Champions League
   : Europa League
   : Segunda(降格)
* La Real = "Real Sociedad"
      >>More Info...

  • 10-11 Clasificasión
    ¡Campeón!
      >>More Info...
  • 09-10 Clasificasión
    ¡Campeón!
      >>More Info...
  • 08-09 Clasificasión
    ¡Campeón!
      >>More Info...

Copa del Ray

  • 14-15 Tournament
    ¡Campeón!
  • 11-12 Tournament
    ¡Campeón!
  • 10-11 Tournament
     Final...
  • 09-10 Tournament
     1/8 Final...
  • 08-09 Tournament
    ¡Campeón!

Himne del FC Barcelona
Tot el camp és un clam sóm la gent blaugrana. Tant se val d'on venim si del sud o del nord
ara estem d'acord, ara estem d'acord, una bandera ens agermana.
Blaugrana al vent un crit valent tenim un nom el sap tothom: BARÇA, BARÇA, BAAARÇA!
Jugadors, seguidors, tots units fem força. Són molt anys plens d'afanys, són molts gols que hem cridat ,
i s'ha demostrat, i s'ha demostrat, que mai ningú no ens podrá tórcer.
Blaugrana al vent un crit valent tenim un nom el sap tothom: BARÇA, BARÇA, BAAARÇA!

【スペイン周遊旅行記】番外編:2004年春 初のバルサ現地観戦 バルセロニスタの一筆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる