バルセロニスタの一筆

アクセスカウンタ

"El Ensayo del BARCELONISTA (バルセロニスタの一筆) " is presented by EnriqueMG. 
Recommended Web Browser: Mozilla Firefox ver.10(or Later), Internet Explorer ver.8. 
◆Pickup◆
【初めての方に】スペイン語のサッカー用語解説 →こちら
【2010FIFAワールドカップ】関連記事のまとめページ →こちら
【バルサ会長選挙2010】マーク・イングラ氏応援の軌跡 →#1, #2, #3, #4, #5
【旅行記】2009年春スペイン周遊旅行記更新中! →目次へ

zoom RSS 【一筆】原点回帰? イブラヒモビッチ獲得へ!

<<   作成日時 : 2009/07/18 00:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 1 / コメント 0

プレシーズンがまもなく始まるこの時期に、突如舞い込んだビッグニュース。頓挫したと思われていたイブラヒモビッチの移籍交渉が突然再開されました!…なんというか、フットボール界というのはわからないものですね〜


大型トレード、完遂なるか?


このニュース、第一報はカタルーニャの親バルサで有名な新聞「SPORT(スポルト)」によるものだったそうです。

バルセロニスタにはお馴染みのファンサイト「BlauGrana(ブラウグラナ)」のBBSに今日の昼頃、投稿されました。そしてこのサイトの管理者様によるニュース記事で、詳しく解説しています。→こちら

また、速報ニュースでは負けないGoal.comでも日本語記事が出始めました。

これらによると、

・4,000万ユーロ+エトー(完全移籍)+フレブ(レンタル移籍)
・エトーとイブラヒモビッチは了承済み
・エトーの年俸は大幅アップ
・イブラヒモビッチの年俸はダウン
・ラポルタとエトーは「お互いに幸せな別れ方」を模索することを約束

といったことが決まっているようです。

移籍金は安くはありません。
エトーがマンチェスター・シティからオファーされた金額が3,000万弱。これはシティのようなお金持ちクラブならではの金額だとすると、相場は2,000万ユーロといったところでしょうか。
これにフレブを500万ユーロ程度と考えると、合計は6500万ユーロ

ロナルドやカカに比べると、バロンドール受賞歴とマーケティング的なアピール(これ意外と大事)という点で、まだ及びません。それでいてこの金額は立派な数字ですね。

すでに栄光を極めた人間ではなく、これからバロンドールを獲得する(もしくはキャリアの絶頂を迎える)選手。バルサはそんな選手を獲得し、実際にそれを獲得させてきました。そういう意味では、イブラヒモビッチはぴったりの選手です(^^)

年俸は、さすがは大富豪モラッティ率いるインテル。エトーは大幅アップとなるでしょう。バルサはそこまでとは行かないまでも、メッシに続く二番手の高給取り(700万ユーロ+出来高?)になることは確実みたいです。

そして、「人として」最も重要なのが、「エトーへの感謝の気持ち」
エトーは三度のリーガ制覇、二度の欧州制覇に大きく貢献したデランテーロ。追い出すような別れ方は寂しすぎるし、やってはいけません。
これについては、以前の記事にも書いたとおりですね。

幸いにも、双方が歩み寄りを見せたようなのでひとまずは安心です。



フレブやマクスウェルもひっくるめての移籍交渉だった?


昨日は同じインテルのマクスウェルがバルサ移籍となったばかり。
そのあとはフレブのインテル移籍話やグアルディオラ批判記事が出ていました。

そして、イブラヒモビッチの交渉再開。
しかも、彼とマクスウェルは同じ代理人。


なんか一連の流れに見える気がしますよね。

安く感じたマクスウェルの移籍金(450万ユーロ)も、今回の交渉に加えてみれば意外と釣り合いが取れてきそう。

ま、真相は当事者のみが知るのでしょうが…
大きくは外れていないでしょうね(^^;


イブラヒモビッチがバルサを希望する理由


これは当の本人によるコメントを(少なくとも私は)知らないので、推測するしかありません。
よく言われているのが、チャンピオンズリーグ優勝のためです。

彼はスウェーデン代表。
国単位での試合であるワールドカップでは、お世辞にも優勝候補とは言えません。(日本よりは近いと思いますが)
よって、せめてクラブ単位での国際大会では優勝が欲しいと思うのでしょう。

でも、「国単位でダメなら…」という思いは間違っていないでしょうが、それだけだとバルサに来る理由としては弱い。なぜなら、バルサスタイルはトーナメントに強くないといわれているからです(苦笑)

堅守速攻で現実的な戦略を取るクラブの方が、一発勝負のトーナメント戦では有利、というのが今日の一般的な見解であることは否定できないでしょう。

まあ、こればっかりは運も大きく左右されるので断言はできません。結局、優勝できるのは1チームなのだし、バルサはこの5年間で2回欧州制覇をしています。

「確固たる哲学を持ち、それに基づいたプレーを披露する」ということに惹かれ、さらに実績を出しているクラブである。そういったところがベースなのでしょう。

何気に影響がありそうなのが、「あの」ラーション大先生のような気がしなくもなくもない(どっちだよ!w)です。
スウェーデン代表の偉大なる先輩が、バルサでの日々を彼に伝えていたとしたら… マドリよりはバルサに魅力を感じるようになると思いませんか?

ともかく、バルサに来たならば当然応援します!
果たしてグアルディオラの指示通り、プレスをかけるために走ってくれるのか?(笑)
若干不安ですが、期待しましょう!


フェリペ・ルイスに続きビジャまでが…


これの記事がもし本当だったなら、ビジャにとっては悲劇です。
バルサは捻出できる金額の最大値を超える4,500万ユーロまで、オファー額をアップさせました。
ビジャをなんとしても獲得したい、その一心でです。

しかし、マドリが移籍金額を釣り上げてしまったことで、バレンシアのマヌエル・ジョレンテ会長心を乱してしまいました。「とことんバルサから絞ってやる」とばかりに、オファーを拒絶。さらなる金額アップを狙ってきたのです。昨季ならば破格も破格の金額なのに。

足元を見まくったバレンシアの態度を受け、バルサは原点回帰のイブラヒモビッチ獲得オペレーションに方向転換することになりました。


デポルティーボのレインドロ会長も、フェリペ・ルイスの件で釣り上げ工作を仕掛けた結果、マクスウェル獲得に動かれ、結果的に1ユーロも得ることができませんでした。その後で金額を下げたオファーをバルサに送ったようですが、完全に後の祭りです。


と、今になって見てみると、改めてマドリが移籍市場でやってしまったことの影響を感じずにはいられません。同時に、バルサはお金を節約しつつ、結構上手に立ち回っているように見えてきてしまいました。

手痛い失敗をしたバレンシアとデポルティーボを見て、今後は他のクラブもバルサに対して釣り上げを自粛してくれたらいいですね。なんか、バルサらしくないけど…(苦笑)

このまま上手くイブラヒモビッチを獲得したら、改めてお詫び申し上げます(^^;


最後に、クラブに振り回されてしまった二人へ。


「自分の年俸を削って、足りない移籍金をまかなう」
とまで言ってくれたビジャ。

「バルサでプレーできる自分を想像できるし、凄く楽しみ」
と言ってくれたフェリペ・ルイス。

本当に、本当に気の毒でなりません。

フェリペはまだ若いし、いつの日かバルサに来てね!
これにめげず、頑張って!

ビジャは個人的に凄く好きなデランテーロだったので、滅茶苦茶残念です。
イブラヒモビッチの記事が、移籍金を釣り上げるバレンシアへの圧力のためだった、なんてことを期待してしまうくらい。
来季、マドリーとかに行かないでね!(涙)



以上、喜びと悲しみの入り混じるニュースでした。
皆に、幸あれ!

¡VAMOS! ¡BARÇA!

¡FORÇA! ¡FELIPE LUIS!
¡FORÇA! ¡VILLA!
トップページへ戻る

テーマ

関連テーマ 一覧

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ リーガ・エスパニョーラへ

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
インテルのイブラヒモビッチ「バルサからのオファーは興味深い」
インテルのズラタン・イブラヒモビッチは、実現が近いと見られるバルセロナへの移籍について、素直に興味を示した。 現在インテルの米国遠征に参加中のイブラヒモビッチは、加熱する報道の中での心境をこう述べた。 「僕は落ち着いているし、ストレスは全く感じていない。.. ...続きを見る
徒然ニュース
2009/07/23 18:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
コメントお待ちしています。なるべく早く返信します。
(広告やスパムコメントは削除させていただきます)

ブログ全体アクセス数


My E-mail Address

enrique.mg.21@gmail.com

World Clock (10 Cities)

FX初心者の入門講座

UEFA Champions League



  • 11-12 Group Stage
Group H (2011/12/07)
No Equipos Pt.
1 FC Barcelona 16
2  AC Milan 9
3  FC Viktoria Plzeň 5
4 FC BATE Barysaw 2
    >>All Groups Info...

  • 11-12 Knockout Round
     1/2 Final...

Liga Española -La Liga-

  • 14-15 Clasificasión
    ¡Campeón!
     
  • 11-12 Clasificasión
Jornada 37 (2012/05/06)
No Equipos Pt.
1 Real Madrid 97
2 FC Barcelona 90
3 Valencia CF 61
4 Málaga CF 55
5 Atlético de Madrid 53
6 Levante UD 52
7 RCD Mallorca 52
8 CA Osasuna 51
9 Sevilla FC 49
10 Athletic Club Bilbao 49
11 Getafe CF 47
12 Real Betis Balompié 46
13 RCD Espanyol 45
14 La Real * 44
15 Granada CF 42
16 Villarreal CF 41
17 Rayo Vallecano 40
18 Real Zaragoza 40
19 Sporting de Gijón 37
20 Real Racing 27
   
   : Champions League
   : Europa League
   : Segunda(降格)
* La Real = "Real Sociedad"
      >>More Info...

  • 10-11 Clasificasión
    ¡Campeón!
      >>More Info...
  • 09-10 Clasificasión
    ¡Campeón!
      >>More Info...
  • 08-09 Clasificasión
    ¡Campeón!
      >>More Info...

Copa del Ray

  • 14-15 Tournament
    ¡Campeón!
  • 11-12 Tournament
    ¡Campeón!
  • 10-11 Tournament
     Final...
  • 09-10 Tournament
     1/8 Final...
  • 08-09 Tournament
    ¡Campeón!

Himne del FC Barcelona
Tot el camp és un clam sóm la gent blaugrana. Tant se val d'on venim si del sud o del nord
ara estem d'acord, ara estem d'acord, una bandera ens agermana.
Blaugrana al vent un crit valent tenim un nom el sap tothom: BARÇA, BARÇA, BAAARÇA!
Jugadors, seguidors, tots units fem força. Són molt anys plens d'afanys, són molts gols que hem cridat ,
i s'ha demostrat, i s'ha demostrat, que mai ningú no ens podrá tórcer.
Blaugrana al vent un crit valent tenim un nom el sap tothom: BARÇA, BARÇA, BAAARÇA!

【一筆】原点回帰? イブラヒモビッチ獲得へ! バルセロニスタの一筆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる