バルセロニスタの一筆

アクセスカウンタ

"El Ensayo del BARCELONISTA (バルセロニスタの一筆) " is presented by EnriqueMG. 
Recommended Web Browser: Mozilla Firefox ver.10(or Later), Internet Explorer ver.8. 
◆Pickup◆
【初めての方に】スペイン語のサッカー用語解説 →こちら
【2010FIFAワールドカップ】関連記事のまとめページ →こちら
【バルサ会長選挙2010】マーク・イングラ氏応援の軌跡 →#1, #2, #3, #4, #5
【旅行記】2009年春スペイン周遊旅行記更新中! →目次へ

zoom RSS 06-07シーズン終盤を迎えて…

<<   作成日時 : 2007/03/16 17:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

06-07シーズンも残り少なくなってきました。勢いがなかなか取り戻せない我らがFCバルセロナ。このブログの更新回数もそれに引きずられるように(?)減ってしまいました(謝)でも、チャンピオンズリーグで敗退はしましたがまだ国内タイトルは残っています。ここらへんでちょっと気合を入れて更新もしていかなくては!なんて今さらながら思いました。


レクレアティーボに警戒せよ
さて、今週末はレクレアティーボ・ウエルバとの試合。フエラでの戦いでいまいち結果を出せていない今季のバルサにとっては、今後の全てのフエラが試練となるでしょう。優勝争いを繰り広げているセビリア・マドリ・バレンシアなどがお互いの直接対決を残しており、バルサはそれが既に済んでいる。このことから幾分かはバルサのスケジュールが有利だと言われていますが、このレクレアティーボという相手はかなり厄介かな?と思っています。
プリメーラに昇格したばかりのチームとは思えないほどの快進撃を続けているだけに、非常に組織がしっかりしています。目標のプリメーラ残留どころかこのままではUEFAカップやチャンピオンズリーグまで狙えそうな順位にいて、モチベーションも高い。注意して臨まなければいけません。


最近のバルサはしっくりしない試合が続いてしまっています。今回は以前の試合を大局的に振り返りつつ、今後の展望を自分なりにまとめてみます。時間も経ってしまっているので、試合の詳細は他のサイトをご参照下さい(^^;


国王杯・サラゴサ戦 2nd Leg


良くも悪くも、この試合による影響はかなり出ていると思います。1st Legをカーサのカンプ・ノウで落とし、フエラのラ・ロマレダで勝つしかなかったという厳しい条件。この試合の後にはリヴァプールとの決戦やマドリーとのクラシコといったビッグゲームが並ぶという肉体的にも精神的にもハードな日程。その時に残されていた3つのタイトル(国王杯・CL・リーガ)のうち2つから敗退し、リーガでも優勝戦線ら遠ざかってしまうかもしれないという瀬戸際な背景。どれもがずっしりと重くバルサにのしかかっていました。

ライカールトも悩んでいたに違いありません。選手たちのコンディションがなかなか整わない。メディアからの批判も日毎に多くなる。そしてなにより、フォーメーション。4−3−3がかなり研究されてしまっている。たとえ選手のコンディションが上がったとしても、それは不安要素の一つを解決したに過ぎなかったのです。

03-04シーズン後半以降、ライカールトは4−3−3を基本システムとして位置付け、ほぼ全ての試合でこれを貫いてきました。というより、これ以上にフィットするものが見つからなかったのです。試合の中でチェンジすることはありました。後半にリードを許しているときにはプンタを増やし、4−2−4のような変則的なシステムにしてゴールを狙っています。でも、バランスが悪い。結局薄くなった中盤を支配されて逆襲を喰らうことも少なくありませんでした。4−3−3以外のシステムにフィットできないということは、4−3−3が通用しなくなったら… という不安が付きまとっていたのです。

しかしながら、意外な抜け道がありました。4バック以外のシステムなら…? という解決方法。そう、3バックです。3−4−3のドリームチームフォーメーション。3人のプンタに加えて中盤の人数を増やせるこのシステム。攻撃で相手をねじ伏せるという意気込みの表れ。サラゴサ戦ではこれがうまく機能しました。この後の試合の結果から考えると「機能してしまった」といった方がいいかもしれませんが、なんにせよラ・ロマレダではフエラでの逆転劇を演じたのです。


チャンピオンズリーグ・リヴァプール戦 2nd Leg


バルサは国王杯でのサラゴサ戦でやってしまった過ち「カーサで負けたのでフエラでやるしなかい」を再び欧州の舞台でも犯してしまっていました。2nd Legではカンプ・ノウに負けず劣らずの城塞、アンフィールドに乗り込まなくてはいけなかったのです。
誰もが予期しなかった、衝撃的な3−4−3の出現。バルサのシステムがついに変わるときが来たのかとあらゆるメディアが様々な見解を出す中、リヴァプールのベニテス監督は冷静に分析を済ませていたのでしょう。またもや絶体絶命の状況となったしまったバルサの取る戦術を予測するのは簡単だったのかもしれません。

リヴァプール戦の前におこなわれたリーガでの試合では3−4−3ではないものの3バックのもう一つのオプションを試していたバルサ。アンフィールドでは大方の予想通り3−4−3を採用してきました。サラゴサ戦では「奇襲」となったものの、今回は弱点のサイドを突かれまくり、奇跡的な無失点勝利となりました。日本の戦国時代の歴史を見ても理由は明らかです。三大奇襲戦で有名な毛利元就の厳島合戦、北条氏康の河越城夜戦、織田信長の桶狭間合戦。いずれもそれっきりです。同様の手法を使った試しはありません。3−4−3を採用するにも、何かしらの「違い」を見せなければ通用はしなかったのでしょう。サラゴサ戦で機能してしまったために、そのまま戦ってはいなかったか?と考えらずにはいられませんでした。

4−3−3だったら…という議論
ライカールトなりに4−3−3ではうまくいかないことを見越していたのかもしれません。3−4−3を再度使ったことを批判してしまいましたが、彼なりの考えがあったのでしょう。
ただ、一つだけ言っておきたいことは…
4−3−3がもう通用しなくなってしまったとは思っていないってこと。
あくまで現在のチーム事情が悪いだけ。自分はこのシステムでもう一度でも二度でも欧州制覇・世界制覇ができると確信しています!(^^) 昔から言っていますが、このシステムでは選手のコンディションに加え、選手間の意思疎通や動きといった点でのパフォーマンス・チューニングが非常に難しいんです。05-06シーズンも最初は苦労しました。今季はそれ以上に苦しんでる感じですね。特にエトーが抜けてからのチューニングに手間取ったままここまで来てしまったという感が強いです。そういう意味ではこの段階でリヴァプール戦で勝つのはやはり難しかったのでしょう。
もちろんリヴァプールのことを低評価しているわけではありません。洗練された戦術と組織をもって、この大一番にきちんと仕上げてきたことは賞賛されるべきです。反面、これに間に合わせることができなかったバルサは完敗でした。しかるべき時にしかるべきことができたかできないか。これがチーム全体としての差なのでしょう。まだまだバルサも成長しなくてはいけませんね。
ま、ここで変に勝ち上がって不安定のままエネルギーを浪費するよりはここで日程的に楽になったことを喜ぶべきかもしれません。練習レベルでのチューニングをきちっとやって、ラストスパートをしてもらいましょう!


リーガ第26節・マドリー戦 -Clasico


と、バルサがチャンピオンズリーグで敗退してしまいましたが、次の日にはマドリー敗退してしまっていました。永遠のライバルの割にはずいぶんと足並みが揃ってしまい、奇妙な感じ。同じ段階で敗退というのは両サポーターにとっては良くも悪くもなく、お互いにホッとしているのでしょうね。。。CLに残ったスペイン勢はバレンシアのみ。あんまり早く敗退するとUEFAランキングにも影響するので良くないんですが、今季はUEFAカップでスペインチームが花盛りなのでまあ大丈夫かな?

話がそれてしまいました。マドリー戦に戻りましょう。
カンプ・ノウ・クラシコではバルサが圧倒的有利とは言われてるものの、ライカールトのバルサになってからの戦績は意外と拮抗してしまっています。初年の03-04シーズンではまさかの敗北。翌年は快勝するもラーションの長期離脱を引き起こし、昨季はベルナベウでのクラシコで歴史的圧勝をした上にマドリーが低空飛行していたために盛り上がりに欠け、エンパテ。一勝一敗一引分となっているのです(ベルナベウでも二勝二敗とこれまた五分)。ぜひとも勝って欲しいところでしたが…
結果はご存知の通り3-3の撃ち合いの末のエンパテ。しかも全てマドリがリードした後に追いつくという展開。スリリングでスペクタクルといえば聞こえはいいですが、まさかカーサで負けるのかという不安感は正直心臓に悪すぎでした。。。再び3−4−3の布陣で臨んだバルサの陣は、マドリのサイド攻撃によって切り裂かれます。3−4−3という布陣をのっけから拒否しようとは思いません。でも、あまりにも同じようなピンチを招くのが辛いところ。何かしらの対応策を得ない限りは3−4−3は厳しいと思いました。
幸い、マドリも守備陣がエトーを警戒して中央に絞ることが多かったため、サイドを切り裂いたメッシーがハットトリックを決めて敗北から救ってくれました。これからますます厳しさを増すリーガの優勝争い、少しのミスが運命を決めかねません。ライカールト、頼むよ!


長くなってしまいました。今週末の試合からバルサがどのような試合をするのか。非常に不安なのですが、同時に先の読めない楽しみもあります。最終的に三連覇を達成してもらえれば、今の不安が全て喜びに変わって格別な気分になるでしょう。ここからが正念場、応援あるのみです!
¡VAMOS! ¡BARÇA!
トップページへ戻る

テーマ

関連テーマ 一覧

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ リーガ・エスパニョーラへ

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
クラシコは「サッカーファンに取っては」取りつ取られつの面白い試合でしたね。
マドリディスタとしては、腐ってもマドリーだなという試合でした^^;
Darth Alexios
2007/03/16 21:44
そうですね、面白い試合には間違いなかったです(^^) マドリーもこれだけの試合ができるのに他のチームとだといまいちな時が多いですよね。バルサとやるときだけ強いんだからwま、そうでなくてはクラシコにならないんでしょうけど、どんなチームにでもこういう試合ができるようになったときにはチャンピオンズリーグすらも霞む「至高のクラシコ」となるんでしょう(^^) 今季はバルサの一敗一分。なんだか敗北感でいっぱいです〜
エンリケMG(管理人)
2007/03/19 13:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
コメントお待ちしています。なるべく早く返信します。
(広告やスパムコメントは削除させていただきます)

ブログ全体アクセス数


My E-mail Address

enrique.mg.21@gmail.com

World Clock (10 Cities)

FX初心者の入門講座

UEFA Champions League



  • 11-12 Group Stage
Group H (2011/12/07)
No Equipos Pt.
1 FC Barcelona 16
2  AC Milan 9
3  FC Viktoria Plzeň 5
4 FC BATE Barysaw 2
    >>All Groups Info...

  • 11-12 Knockout Round
     1/2 Final...

Liga Española -La Liga-

  • 14-15 Clasificasión
    ¡Campeón!
     
  • 11-12 Clasificasión
Jornada 37 (2012/05/06)
No Equipos Pt.
1 Real Madrid 97
2 FC Barcelona 90
3 Valencia CF 61
4 Málaga CF 55
5 Atlético de Madrid 53
6 Levante UD 52
7 RCD Mallorca 52
8 CA Osasuna 51
9 Sevilla FC 49
10 Athletic Club Bilbao 49
11 Getafe CF 47
12 Real Betis Balompié 46
13 RCD Espanyol 45
14 La Real * 44
15 Granada CF 42
16 Villarreal CF 41
17 Rayo Vallecano 40
18 Real Zaragoza 40
19 Sporting de Gijón 37
20 Real Racing 27
   
   : Champions League
   : Europa League
   : Segunda(降格)
* La Real = "Real Sociedad"
      >>More Info...

  • 10-11 Clasificasión
    ¡Campeón!
      >>More Info...
  • 09-10 Clasificasión
    ¡Campeón!
      >>More Info...
  • 08-09 Clasificasión
    ¡Campeón!
      >>More Info...

Copa del Ray

  • 14-15 Tournament
    ¡Campeón!
  • 11-12 Tournament
    ¡Campeón!
  • 10-11 Tournament
     Final...
  • 09-10 Tournament
     1/8 Final...
  • 08-09 Tournament
    ¡Campeón!

Himne del FC Barcelona
Tot el camp és un clam sóm la gent blaugrana. Tant se val d'on venim si del sud o del nord
ara estem d'acord, ara estem d'acord, una bandera ens agermana.
Blaugrana al vent un crit valent tenim un nom el sap tothom: BARÇA, BARÇA, BAAARÇA!
Jugadors, seguidors, tots units fem força. Són molt anys plens d'afanys, són molts gols que hem cridat ,
i s'ha demostrat, i s'ha demostrat, que mai ningú no ens podrá tórcer.
Blaugrana al vent un crit valent tenim un nom el sap tothom: BARÇA, BARÇA, BAAARÇA!

06-07シーズン終盤を迎えて… バルセロニスタの一筆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる