バルセロニスタの一筆

アクセスカウンタ

"El Ensayo del BARCELONISTA (バルセロニスタの一筆) " is presented by EnriqueMG. 
Recommended Web Browser: Mozilla Firefox ver.10(or Later), Internet Explorer ver.8. 
◆Pickup◆
【初めての方に】スペイン語のサッカー用語解説 →こちら
【2010FIFAワールドカップ】関連記事のまとめページ →こちら
【バルサ会長選挙2010】マーク・イングラ氏応援の軌跡 →#1, #2, #3, #4, #5
【旅行記】2009年春スペイン周遊旅行記更新中! →目次へ

zoom RSS 世紀の一戦、迫る -CLマッチプレビュー Part 1

<<   作成日時 : 2005/02/21 23:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

いよいよ、大一番がやってきました。マジョルカを相手にしっかりと勝ち点3を得て、リーガにおける土台を固めたわれらがFCバルセロナ。カタルーニャの地にチェルシーを迎え撃ちます!

今回はこの対戦相手について思うことをいろいろと書いてみようと思います。時々バルサとも比較して見ますのでお楽しみください(^^)

最強の敵・チェルシー

お世辞でも何でもありません。今季のプレミアリーグでバルサ以上に首位を独走し、他のクラブを寄せ付けない。マンチェスターUでもアーセナルでも勝てなかった。それがチェルシーなのです。そんなチームを率いるのは昨年のチャンピオンズ覇者・FCポルトを率いていた知将・モウリーニョ。
昨年まではオーナー・アブラモビッチのお財布によって集められた豪華選手のチームという印象が強かったのですが、今年は一変。モウリーニョはいわゆる「スター」な選手ではなくチームとして機能するための選手を獲得。強力なチームを作り上げました。
ここら辺、なんだかバルサにも当てはまる感じがしないでもないですよね。

鉄壁の守備

チェルシーの強さはいろいろありますが、やはりまず挙げなくてはいけないのはこれでしょう。とにかく点を取られません。半分以上を消化したプレミアリーグにおいて、まだ一桁の失点しかしていない。まさに脅威の守備力。ユベントスも真っ青。
敵にボールが渡ると、まずはセンターハーフのランパードとスメルチンがチェックに入ります。このときに前線からのプレスも効いているのがポイント。そしてボランチのクロード・マケレレが脅威の運動量で敵の攻撃の芽をつぶします。それを乗り越えたとしても強力な二枚のCB、リカルド・カルバーリョとテリーが立ち塞がる。気がつけばサイドバックも詰めている。とにかく選手の連動した動きが素晴らしいため、失点が少ないのです。

3トップの分厚い攻撃

守備が堅いと、カウンター一本で抜け出す攻撃を想像しがちです。ライカールト曰く「試合をクローズ」するチームとなりますが、チェルシーはそうではありません。むしろ得点力も高い。リーグではアーセナルに次ぐ堂々の二位なっています。それを可能にするのが3トップの布陣。
ロッペンとダフの高速ウィング、ドログバやグジョンセンのCFはランパードをはじめとする中盤からの良質のパスを受け、高い攻撃力を誇っているのです。

ただ、最近の試合でロッペンとドログバが負傷し、バルセロナ戦の出場を断念することになりました。
バルサにはチャンス…なんですけど、やっぱり残念です。他の対戦カードでもシェフチェンコやネドベドといった主力が怪我で出場できなくなっています。せっかくの好カードなのに、もったいない! 試合レベルの低下が起きないことを祈るばかりです。

実は同じフォーメーション -中盤の比較-

そう、何を隠そうチェルシーの布陣は4−3−3、バルサと同じ3トップ・3センターなのです。
バルセロナとの違いは色々あるのですが、わかりやすいところで言うと中盤の構成でしょう。前記した三人、ランパード・スメルチン・マケレレで攻撃的なのはランパード。マケレレは守備が基本で、そのバランサーがスメルチン。バランサーといっても実際はランパードが攻めた後のフォローが多い気もしますが…(^^ゞ

これにバルサを対応させると、ランパードにはシャビ、マケレレにマルケス。スメルチンとデコ…となるのですが、最後の組み合わせはちょっと合いません。デコはよく攻めます。マルケスも何気にミドルシュートをよく打ちます。全体的な攻撃の比重はバルサが高いといえるでしょう。

実は同じフォーメーション -前線の比較-

3トップではどうでしょうか。チェルシーがウィングを使っているのに対し、バルサには本当の意味でのウィングはありません。ついでに言えば、前線中央でどっしりと構えるCFもいません。

両サイドのロナウジーニョ・ジウリーは中央に切れ込む動きを得意としています。サイドをえぐってセンタリングを上げるのはオーバーラップしたサイドバック、ベレッティとジオの役目。攻めてるとき、バルサの守備が3人くらいしか残ってないことはよく見かける風景です(^^;
センターのエトーはゴール前よりは少し引き気味でボールを受け取り、そのスピードで一気に駆け上がる。ポストプレーもしますが、サイドに流れてのプレーも多い。同様にサイドの二人もいろんなアクションをしており、ポジションは非常に流動的です。

これに比べればチェルシーはよりシステムとしてまとめられており、守備の堅さと相まった安定度があるといえます。前線からのプレスもきちんとやるので、強い。ロナウジーニョはあまりプレスしませんから(笑)

バルサにない強み -セットプレー-

バルサの弱点はセットプレー。するのもされるのも苦手です。バルサは何気に平均身長が低いんですよね。チェルシーはまったく逆。特にテリーは脅威。攻めても守っても良しの万能プレーヤーです。うらやましい…  ドログバがいないのがせめてもの救いかもしれません。


と、大変長くなってしまいました。ちょっと色々調べたりしたので書きたくなってしまいました。こんな長い文章、誰が読むんだろう?(^^; ここまで読んでくれた方、ありがとうございました!

次回、プレビュー第二弾! 自分的に注目のマッチアップとスタメン大胆予想! お楽しみに〜
トップページへ戻る

テーマ

関連テーマ 一覧

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ リーガ・エスパニョーラへ

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
「最強の敵」という称号、ありがとうございます。今回はチェルシーについての分析ということ楽しく読ません手いただきました。23日のチェルシーの攻め手は、ほんとセットプレーくらいしかないんですよね。ダフの出場も微妙みたいなので。あと、チェルシーファンとして気になるのは「カンプノウ」の雰囲気がどんな感じになるのかということ。クラシコの時のようにはならないと
思うのですが、やっぱチェルシーにとって嫌な「アウェー」となるんでしょうね。第2弾も期待してます。
doroguba
2005/02/22 16:28
チェルシーは確かに怪我人多くて大変そうですが、そこはモウリーニョ。全く油断はできませんね。バルサは今年の初めに、同じく怪我で主力を欠いたビジャレアル相手に3−0で大完敗しております(^^; 二の舞にならないことを祈っています。
カンプ・ノウの雰囲気はすごいと思いますよ。でもマドリーが相手の時は全く違う類のものでしょう。あれはいろんな感情入りすぎですから(笑) 純粋な好カードとしての熱狂が見られるはずです。それでも十分アウェーだとは思いますが…
これからプレビュー第二弾書き下ろします!よろしくです〜
エンリケMG(管理人)
2005/02/23 09:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
コメントお待ちしています。なるべく早く返信します。
(広告やスパムコメントは削除させていただきます)

ブログ全体アクセス数


My E-mail Address

enrique.mg.21@gmail.com

World Clock (10 Cities)

FX初心者の入門講座

UEFA Champions League



  • 11-12 Group Stage
Group H (2011/12/07)
No Equipos Pt.
1 FC Barcelona 16
2  AC Milan 9
3  FC Viktoria Plzeň 5
4 FC BATE Barysaw 2
    >>All Groups Info...

  • 11-12 Knockout Round
     1/2 Final...

Liga Española -La Liga-

  • 14-15 Clasificasión
    ¡Campeón!
     
  • 11-12 Clasificasión
Jornada 37 (2012/05/06)
No Equipos Pt.
1 Real Madrid 97
2 FC Barcelona 90
3 Valencia CF 61
4 Málaga CF 55
5 Atlético de Madrid 53
6 Levante UD 52
7 RCD Mallorca 52
8 CA Osasuna 51
9 Sevilla FC 49
10 Athletic Club Bilbao 49
11 Getafe CF 47
12 Real Betis Balompié 46
13 RCD Espanyol 45
14 La Real * 44
15 Granada CF 42
16 Villarreal CF 41
17 Rayo Vallecano 40
18 Real Zaragoza 40
19 Sporting de Gijón 37
20 Real Racing 27
   
   : Champions League
   : Europa League
   : Segunda(降格)
* La Real = "Real Sociedad"
      >>More Info...

  • 10-11 Clasificasión
    ¡Campeón!
      >>More Info...
  • 09-10 Clasificasión
    ¡Campeón!
      >>More Info...
  • 08-09 Clasificasión
    ¡Campeón!
      >>More Info...

Copa del Ray

  • 14-15 Tournament
    ¡Campeón!
  • 11-12 Tournament
    ¡Campeón!
  • 10-11 Tournament
     Final...
  • 09-10 Tournament
     1/8 Final...
  • 08-09 Tournament
    ¡Campeón!

Himne del FC Barcelona
Tot el camp és un clam sóm la gent blaugrana. Tant se val d'on venim si del sud o del nord
ara estem d'acord, ara estem d'acord, una bandera ens agermana.
Blaugrana al vent un crit valent tenim un nom el sap tothom: BARÇA, BARÇA, BAAARÇA!
Jugadors, seguidors, tots units fem força. Són molt anys plens d'afanys, són molts gols que hem cridat ,
i s'ha demostrat, i s'ha demostrat, que mai ningú no ens podrá tórcer.
Blaugrana al vent un crit valent tenim un nom el sap tothom: BARÇA, BARÇA, BAAARÇA!

世紀の一戦、迫る -CLマッチプレビュー Part 1 バルセロニスタの一筆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる